大野竹二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大野 竹二
生誕 1894年10月1日
日本の旗 日本 東京府東京市
死没 (1976-12-18) 1976年12月18日(満82歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
最終階級 海軍少将
テンプレートを表示

大野 竹二(おおの たけじ、1894年10月1日 - 1976年12月18日)は、日本海軍軍人。 戦艦大和」第4代艦長。最終階級は海軍少将

経歴[編集]

伊集院五郎海軍大将の二男として東京で生まれ、大野義方海軍大佐の養子となる。

東京高等師範学校附属中学校(現在の筑波大学附属中学校・高等学校)を1912年に卒業後、1916年11月、海軍兵学校44期)を卒業し、翌年12月に海軍少尉任官。英国私費留学(オックスフォード大学)、「秋風」「高崎」の各航海長などを経て、1928年12月、海軍大学校(甲種26期)を卒業。

神通」航海長、第2遣外艦隊参謀軍令部第2班第3課・第1班第1課の各参謀、第3艦隊参謀、第1遣外艦隊参謀、第11戦隊参謀、軍令部第1部第2課・第3部第7課・第3部第8課の各部員、支那方面艦隊司令部付などを歴任し、1938年11月、海軍大佐に進級。

以後、興亜院調査官、軍令部第1部員などを経て、太平洋戦争には「木曾艦長として出征し、アリューシャン列島攻略作戦などに参加。「鈴谷」「大和」の各艦長などを歴任し、1943年11月に海軍少将に進級。軍令部第3部長などを経て、海軍省人事局長として終戦を迎えた。1945年11月、予備役に編入された。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。

関連項目[編集]