牟田亀太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牟田 亀太郎(むた かめたろう、1875年(明治8年)2月15日 - 1955年(昭和30年)8月9日)は、明治大正期の軍人佐賀郡大堂村(現佐賀市諸富町)出身。最終階級は海軍少将栄典は従四位勲三等功五級。

経歴[編集]

1875年、佐賀郡大堂村(現諸富町加与丁)において、父守常、母夕子の長男に生まれる。海軍兵学校を席次4位で卒業(海兵25期)。装甲艦金剛、戦艦富士などへの配属を経て防護巡洋艦橋立の水雷長として日本海海戦にも参加した。その後海軍大学校に進み(海大甲種5期)、防護巡洋艦筑摩艦長、旅順要港部参謀長、戦艦金剛艦長、佐世保海兵団長を経て1921年(大正10年)海軍少将に昇進。佐世保鎮守府参謀長に就任する。1924年(大正13年)予備役1933年(昭和8年)後備役1938年(昭和13年)退役。

軍を退役後、佐賀育英会常務理事を務め子弟の教育振興に当たった。1955年、東京都杉並区で死去。

参考文献[編集]

  • 『諸富町史』諸富町史編纂委員会、諸富町、1984年3月30日。