サスキア・サッセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saskia Sassen

サスキア・サッセン(Saskia Sassen、1949年 - )は、アルゼンチン社会学者コロンビア大学社会学部教授(LSE客員教授)を務めている。都市社会学グローバル都市論、移民研究が専門。

人物[編集]

オランダで生まれ、2歳時にアルゼンチンに移住した。1974年ノートルダム大学から博士号取得。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • The Mobility of Labor and Capital: A Study in International Investment and Labor Flow, (Cambridge University Press, 1988).
森田桐郎ほか訳『労働と資本の国際移動――世界都市と移民労働者』(岩波書店, 1992年)
  • The Global City: New York, London, Tokyo, (Princeton University Press, 1991, 2nd ed., 2001).
伊豫谷登士翁監訳『グローバル・シティ―─ニューヨーク・ロンドン・東京から世界を』(筑摩書房, 2008年)
  • Cities in a World Economy, (Pine Forge Press, 1994, 2nd ed., 2000, 3rd ed., 2006).
  • Losing Control?: Sovereignty in an Age of Globalization, (Columbia University Press, 1996).
伊豫谷登士翁訳『グローバリゼーションの時代――国家主権のゆくえ』(平凡社, 1999年)
  • Globalization and its Discontents, (The New Press, 1998).
田淵太一尹春志原田太津男訳『グローバル空間の政治経済学――都市・移民・情報化』(岩波書店, 2004年)
  • Guests and Aliens, (Norton, 1999).
  • Denationalization: Economy and Polity in a Global Digital Age, (Princeton University Press, 2003).
  • Territory, Authority, Rights: From Medieval to Global Assemblages, (Princeton University Press, 2006).
伊藤茂訳『領土・権威・諸権利――グロ-バリゼ-ション・スタディ-ズの現在』明石書店、2011年。
  • A Sociology of Globalization, (W. W. Norton, 2007).

編著[編集]

  • Global Networks, Linked Cities, (Routledge, 2002).
  • Deciphering the Global: Its Spaces, Scales and Subjects, (Routledge, 2007).

共編著[編集]

  • Digital Formations: IT and New Architectures in the Global Realm, co-edited with Robert Latham, (Princeton University Press, 2005).