マイク・デイヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マイク・デイヴィス(Mike Davis、1946年 - )は、アメリカ合衆国批評家都市社会学者。ロサンゼルスを中心とした都市論に依拠して、ネオリベラリズムに基づいて編制される現代社会の暗部を批判的に考察している。

人物・来歴[編集]

1946年、カリフォルニア州フォンタナに生まれ、サンディエゴ近郊で育つ。トラック運送業や食肉加工業で働き、新左翼の運動に参画するなど、アカデミック・キャリアの形成は遅れ、1970年代に入りカリフォルニア大学ロサンゼルス校で修士号を取得。南カリフォルニア建築大学、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校カリフォルニア大学アーバイン校を経て、現在、カリフォルニア大学リバーサイド校人文社会科学学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Prisoners of the American Dream: Politics and Economy in the History of the US Working Class, (Verso, 1986).
  • City of Quartz: Excavating the Future in Los Angeles, (Verso, 1990, new ed., 2006).
村山敏勝日比野啓訳『要塞都市LA』(青土社, 2001/増補新版, 2008年)
  • Ecology of Fear: Los Angeles and the Imagination of Disaster, (Henry Holt and Co., 1998).
  • Magical Urbanism: Latinos Reinvent the US City, (Verso, 2000).
  • Late Victorian Holocausts: El Nino Famines and the Making of the third World, (Verso, 2001).
  • The Monster at Our Door: the Global Threat of Avian Flu, (New Press, 2005).
柴田裕之斉藤隆央訳『感染爆発――鳥インフルエンザの脅威』(紀伊國屋書店, 2006年)
  • Planet of Slums, (Verso, 2006).
酒井隆史監訳、篠原雅武丸山里美訳『スラムの惑星―都市貧困のグローバル化』(明石書店, 2010年)
  • Buda's Wagon: A Brief History of the Car Bomb, (Verso, 2007).
金田智之比嘉徹徳訳『自動車爆弾の歴史』(河出書房新社, 2007年)
  • In Praise of Barbarians: Essays against Empire, (Haymarket Books, 2007).

共著[編集]

  • No One is Illegal: Fighting Violence and State Repression on the U.S.-Mexico Border, with Justin Akers Chacon, (Haymarket Books, 2006).

共編著[編集]

  • Reshaping the US Left: Popular Struggles in the 1980s, co-edited with Michael Sprinker, (Verso, 1988).
  • The Grit Beneath the Glitter: Tales from the Real Las Vegas, co-edited with Hal K. Rothman, (University of California Press, 2002).
  • Evil Paradises: Dreamworlds of Neoliberalism, co-edited with Daniel Bertrand Monk, (New Press, 2007).

外部リンク[編集]