水処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルトガル北東部の都市ブラガンサにある水処理所
Pískové rychlofiltry odželezovny v Káraném v klidu.jpg

水処理(みずしょり、英語:water treatment)とは、を使用目的にあわせた水質にするための、または、周辺環境に影響を与えないよう排出するための、各種の処理である。

概要[編集]

工業の発達や世界的な人口の増加により、水資源の有効利用が求められている。そのため、再利用・段階的利用が行われる。また、砂漠地帯などでは海水淡水化が行われている。

上水道については、水源水質汚濁のため、活性炭吸着・膜処理・オゾン処理が必要となっている。また、下水道では、湖沼河川富栄養化防止のため、浮遊物質濁度有機物の処理だけではなくリン窒素などを取り除く高度処理が求められている。

工業などにおいては、半導体製造などの工程用・熱媒体体としての循環水の管理、また、排水中の有害物質除去などがある。

水道[編集]

便器洗浄水に工業用水道水が使用されているトイレの水洗便器

用途[編集]

物理化学的処理[編集]

濁度除去[編集]

凝集

  • 薬剤
  • 電気

沈殿分離

浮上分離

濾過

分離 : によりより細かな物質を除去する。

遠心分離

イオン交換

物理吸着

ストリッピング :揮発性有害物質を気体を吹き込むことにより気体側に分離する。

酸化

電気透析

生物化学的処理[編集]

微生物によって有機物を分解・沈殿させる。

好気性処理

分析技術[編集]

適切な水質に処理されているか確認するため、各種分析が必要である。

イオン濃度

有機物

有害有機化合物

重金属

法規[編集]

汚染原因者負担の原則[編集]

日本では、水処理に関する法規制は何度も改正を繰り返し、現在に至っている。当時の水質汚濁防止法や関連法規制を守っていても、土壌汚染地下水汚染さらに底質汚染を引き起こしていた場合には、土壌汚染対策法公害防止事業費事業者負担法により多額の費用負担を求められる場合があることを理解した上で、水処理を行うことが必要である。

主な水処理機器メーカー[編集]

日本
韓国

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f サムスン 水処理ビジネス参入へ”. NHK NEWS WEB. NHK (2012年9月13日). 2012年9月13日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]