縣南衛生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

縣南衛生株式会社(けんなんえいせい)は、かつて埼玉県に存在した産業廃棄物処理業者である。産業廃棄物の処分や廃棄物固形燃料 (RDF) の製造等を行っていた。八戸市三栄化学工業と共謀して青森県岩手県境で大規模な不法投棄を行っていた事件が1999年に発覚[1][2]。社長が逮捕され、2000年破産した。

不法投棄事件[編集]

青森県八戸市の産業廃棄物処理業者である三栄化学工業と共謀し、青森県三戸郡田子町岩手県二戸市県境に125万トンもの産業廃棄物を不法投棄していた事実が1999年に発覚[3]。国内最大規模の不法投棄事件と言われ[1]、不法投棄された産業廃棄物は大半が首都圏(特に東京都・埼玉県)から運び込まれたもので[1]、縣南衛生が処理委託を受けた首都圏の産業廃棄物とみられる[2]

青森県と岩手県が協働して2004年(平成16年)から廃棄物の撤去を開始し[1]2013年(平成25年)12月に廃棄物等の全量撤去を完了した[1]。その後も汚染された地下水の浄化作業などを2022年度(令和4年度)まで実施する[1]。青森県は原状回復にかかる経費を約480億円と見込んでいる[1]

沿革[編集]

事業所[編集]

茨城県猿島郡五霞町との県境にあたる権現堂川に面した、国道4号日光街道)と県道268号の交点付近の工業地帯に立地していた。

不法投棄事件による経営破綻後、長い間大量の廃棄物を野積みしたまま廃墟と化していたが、現在は解体され、跡地はラウンドワンスタジアムさいたま・栗橋店[5]となっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 青森・岩手県境不法投棄事案アーカイブ 青森県環境生活部環境保全課、2021年8月27日更新
  2. ^ a b c d e f 【代表レポート】岩手・青森県境での産廃不法投棄の現状と今後の対応 自治労岩手県本部/岩手県職員労働組合、全日本自治団体労働組合
  3. ^ 1.事案の概要”. 岩手県環境生活部廃棄物特別対策室. 2020年6月22日閲覧。
  4. ^ 県境不法投棄事案アーカイブ本編 1.事案の概要 青森県環境生活部環境保全課、2014年7月17日更新
  5. ^ ラウンドワンスタジアムさいたま・栗橋店 ラウンドワン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]