籾殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
籾殻

籾殻(もみがら)とは、(籾米)の最も外側にある皮の部分のこと。粗糠(あらぬか)、磨糠(すりぬか)、籾糠(もみぬか)、また単に(もみ)ともいわれる。

正常に成長し十分成熟したイネは、その穂の部分に籾をこしらえる。籾殻は籾の内容物を外部から保護する役割を担っている。を食用とする人は稲刈り後、脱穀籾摺りの過程を経て玄米を得る。この調製作業で籾殻が発生する。

籾殻は古来、燃料や燻(くんたん)として有効利用されてきた。燻炭は土壌改良剤として役立つ。燻炭を作るのは手間のかかる作業であるため、単に焼却処分されることも実際には多い。籾殻をそのまま田んぼに鋤込んで肥料として用いることがあるが、自然腐蝕しにくいので注意が要る。

近年は籾殻ボイラーや、籾殻を加熱圧縮した固形燃料の「モミガライト」、バイオコークス[1]など、燃料としての高度活用が図られている。

脚注・出典[編集]