養液栽培

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

養液栽培(ようえきさいばい)は植物の成長に必要な養水分を、液肥として与える栽培方法である。

培地を用いない水耕栽培噴霧耕と、培地を用いた固形培地耕とがある。現在、トマトナスなどのナス科の野菜、ホウレンソウレタスなどの軟弱野菜メロンイチゴなどの果物的果菜類、バラなどの花卉に多く用いられている方法である。

培地に土を用いたものは、養液栽培には含めず、養液土耕という。

日本では、大阪府立大学千葉大学などで研究が盛んである。

関連項目[編集]