ピアノ騒音殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピアノ騒音殺人事件
場所 日本の旗 日本神奈川県平塚市の団地
標的 加害者の階下住民
(母親、長女、次女)
日付 1974年昭和49年)8月28日
午前9時20分頃 (UTC+9)
概要 殺人事件
原因 ピアノ騒音
攻撃側人数 1人
武器 刺身包丁
死亡者 3人
対処 神奈川県警が加害者を逮捕・横浜地検小田原支部が起訴
刑事訴訟 死刑未執行
テンプレートを表示

ピアノ騒音殺人事件(ピアノそうおんさつじんじけん)は、1974年昭和49年)8月28日の朝に神奈川県平塚市で発生した殺人事件である。

近隣の人間にピアノ騒音を理由として母子3人が殺害された。近隣騒音殺人事件の第1号として知られている。

加害者の生い立ち[編集]

加害者・男性Oは1928年(昭和3年)6月4日生まれ(現在91歳)で[1]東京府東京市亀戸(現:東京都江東区亀戸)で書店の息子として生まれた。小学校では成績優秀で旧制中学校に進学したが、入学後は怠惰になり、卒業後には親類の工場で働いていた。1941年には日本国有鉄道(国鉄)国立駅の駅員になったが、1951年に少額の公金を横領して逃亡。その後、ひったくりをして逮捕され、執行猶予つきの判決を受けた。その後は職を転々とし、一時はホームレスも経験している。1959年、農家の婿養子という形で結婚したが、妻が前の夫と会っていたことを知り、すぐに離婚した。

その後再婚したOだったが、1963年にOのステレオの音に苦情を言ってきた隣人とトラブルになった。このころから、Oは騒音に敏感な神経質な男になり、近所のよく吠えるを殺して警察に通報されたり、テレビを見るときにもイヤホンをつけて見たりするほどであった。事件の供述調書によると、Oは近所のガラス戸の開閉音でさえ爆弾の炸裂音のように聞こえ、脳が破壊されるような気がしたという。

事件の背景[編集]

1970年5月、Oと妻が平塚市の県営住宅に引っ越してしばらくしてから、階下に4人家族が引っ越してきた。この一家は2人の娘が幼いこともあって騒々しく、特に夫は日曜大工が趣味だったため工作音を出していた。両家の間にある床板は12cmしかなく、騒音は階上にも響きOはより神経質になっていった。Oはたびたび階下の夫婦に苦情を訴えていたが、夫婦は相手にすることもなかった。

事件の前年の1973年秋、階下の家族の長女がピアノを習い始め、階下からピアノの音が毎日のように流れるようになった。工場の工員を失業していたOは、妻との離婚話も浮上していた上に、ピアノの騒音にも苛まれるという状態であった。Oは階下家族に苦情を言うのみならず、「親が日曜大工で騒音を出しているから子供も遠慮しない」という旨の恨み節も述べたが、階下の夫婦は一笑に付すのみであった。やがて、Oはこの一家がわざと騒音を立てていると思い込むようになり殺害を決意。妻に仕返しを示唆する発言をするようになり、そのために音・防音に関する知識を身に着け刺身包丁を購入していた。

事件の概要[編集]

1974年8月28日、朝から蒸し暑かったこの日も階下からピアノの音が聞こえ、O(犯行当時46歳)の怒りは爆発した。午前9時20分ごろ、階下家族の夫(当時36歳)が出勤し、妻(当時33歳)がゴミ出しに外出したのを確認したOは階下の一家宅に侵入し、ピアノを弾いていた長女(当時8歳)の胸を刺身包丁で一刺しして殺害。続いて、かたわらにいた次女(当時4歳)を殺害した。2人を殺したOは、そばにあったマジックペンでふすまに夫婦への恨み節を書きなぐった。それを書きかけていたところへ妻が帰宅したため、Oは妻も刺して殺害して逃亡した。Oは「海で死にたい」と思い自殺を試みるが失敗し、3日後の8月31日に出頭して殺人容疑で逮捕された。

裁判[編集]

裁判では、Oの部屋の騒音を計測した市職員が証人として出廷。1回目は午後2時の測定では周囲の暗騒音の中央値が44ホンであり、階下で弾くピアノの音を測定できなかった。2回目は午前7時30分から測定したが、窓を開けた状態でも上限値44ホンであった。1971年5月に閣議決定された「騒音に関わる環境基準」では、住宅地において昼間50ホン以下、朝夕45ホン以下、夜40ホン以下であったため、階下のピアノの音は閣議決定の環境基準値以内であった。ただし、このときピアノを弾いた時間は約15分であり、ピアノは警察関係者が弾いていたことがのちに判明している。用いられた測定方法は神奈川県の公害防止条例に基づくものであるが、条例では40ないし45ホンの場合に人体に対する影響は「睡眠がさまたげられる、病気のとき寝ていられない」と規定されていた。

また、夫婦仲が良好ではなかったOの妻が出廷し、ピアノの音は自分にも度を過ぎて聞こえたと証言した。一方で、被告人となったOを精神鑑定した医師は、Oは精神病症状は見られず、知能も普通であり、責任能力はあるが、騒音公害によって道徳感情が鈍麻した精神病質に該当すると述べた。

1975年(昭和50年)8月11日検察側は論告で「事件は計画的犯罪であり、殺害方法は残虐。ピアノの音が不快であるという犯行の動機に酌量の余地はない。極悪非道の犯罪であり、極刑をもって挑む以外にはない」と述べて被告人Oに死刑求刑。1975年10月20日横浜地方裁判所小田原支部は求刑通り被告人Oに死刑判決を言い渡した[1]

事件がマスコミによって大々的に報道されたことで、全国から騒音被害者などによって助命嘆願活動が行われた。1976年(昭和51年)5月、東京高等裁判所控訴していた被告人Oに対して精神鑑定が実施され「責任能力なし=心神喪失」とする鑑定結果が提出されたが、被告人Oは1976年10月5日付で「拘置所内の騒音に耐えられず、死にたい」との理由で控訴を取り下げた[2][註 1]。これに対し弁護人は「控訴取り下げは無効だ」と主張して異議を申し立てたが、東京高裁刑事第4部(寺尾正二裁判長)は「被告人O本人の意思によるものであり有効である」として1976年12月16日付で棄却決定を出し[2]1977年(昭和52年)4月16日付で正式に死刑が確定した[1]

死刑確定後[編集]

死刑囚O(現在91歳)は2018年(平成30年)10月1日時点で[3]東京拘置所収監されているが[1]2019年時点においても死刑は執行されていないほか、再審請求も確認されていない。死刑囚Oは犯行事実に関して冤罪疑惑がない死刑囚としては2019年時点で最古参の確定死刑囚である[註 2]。2017年6月26日には福岡3連続保険金殺人事件の90歳の死刑囚が死亡したことにより[4]、89歳のOが日本最高齢の収監中の死刑囚となった[註 3]

被告人Oは「自分が音に対して病的に敏感である」との自覚はあったが、殺人を犯したことについては被告人Oの音に関する知識・騒音によるストレスが過剰に高まっていたため、1977年2月9日被告人質問の際にも「自分こそが(騒音公害の)被害者」との姿勢を崩さず[5]、同時に被告人Oの供述・騒音被害者などによる殺された被害者を騒音加害者と断じた嘆願活動により、生き残った父親と検察が被害者の起こした騒音公害を擁護できない状態に陥り、騒音公害の問題が世間・社会に大いに知れ渡ることとなった。

昭和40年代の高度経済成長の恩恵で暮らしが豊かになる中で、団地などの集合住宅では騒音被害が問題となっていたことから、「ピアノ公害」という言葉さえ生まれていた。この事件を受け、社会全体が騒音被害者の都合を聞き入れた社会変革をさぜるを得なくなり、住宅・都市整備公団(現・独立行政法人都市再生機構)は床厚を150 mmに増やした。また、アップライトピアノに弱音装置が取りつけられた。この事件以降、騒音などによる事件や訴訟が頻発しており、多くの専門家はこの事件を「日本人の騒音に対する考え方が劇的に変化した事件」としている[6]

脚注[編集]

  1. ^ この際、驚いて面会した国選弁護人に対し、被告人Oは「好んで死ぬわけではないが、無期と死刑ならば死刑がいい」と述べている
  2. ^ Oよりも古くから獄中にいる死刑囚としてはマルヨ無線事件O死刑囚がいるが、殺人について再審請求を行っている。
  3. ^ ただし、再審で無罪が確定した元死刑囚も含めれば、免田事件の免田栄のほうが年上である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 年報・死刑廃止 (2018, p. 243)
  2. ^ a b 東京高裁決定(1976-12-16)
  3. ^ 年報・死刑廃止 (2018, p. 267)
  4. ^ H死刑囚が死亡 福岡保険金連続殺人 日本経済新聞 2017年6月26日
  5. ^ 「音の苦痛より死刑を 控訴取り下げたピアノ騒音殺人犯」1977年3月25日付『朝日新聞』朝刊23面
  6. ^ 午後は○○おもいッきりテレビ 2007年8月28日放送分より

関連書籍[編集]

参考文献[編集]

刑事裁判の判決文・決定文[編集]

  • 東京高等裁判所第4刑事部決定 1976年(昭和51年)12月16日 『高等裁判所判例集』第29巻4号667頁・裁判所ウェブサイト掲載判例、昭和50年(う)第2621号、『殺人,窃盗被告事件』「パラノイア患者の控訴取下げが有効とされた事例」、“パラノイア患者が控訴を取り下げたときでも、その動機など(判文参照)からみて本人の訴訟能力に欠けるところがないと認められるときは、これによつて訴訟は終了する。”。
    • 決定内容:被告人Oによる控訴取下(1976年10月5日付)は有効
    • 裁判官:寺尾正二(裁判長)・山本卓・田尾健二郎

書籍[編集]

  • 年報・死刑廃止編集委員会『オウム死刑囚からあなたへ 年報・死刑廃止2018』(編集委員:岩井信・可知亮・笹原恵・島谷直子・高田章子・永井迅・安田好弘・深田卓)、インパクト出版会、2018年10月25日、初版第1刷発行、243,270。ISBN 978-4755402883

関連項目[編集]

死刑判決を受けた被告人が控訴を自ら取り下げたため、弁護人が控訴取り下げの無効を主張して裁判所に異議を申し立てた事件