ベルギーにおける死刑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

このベルギーにおける死刑では、ベルギーにおける死刑について解説する。

なお、死刑制度は1996年8月1日に廃止された。

歴史[編集]

1863年7月にイープルで行われた死刑執行から1918年まで死刑執行の停止期間があった。通常刑法における最後の死刑執行は1918年3月26日にEmile Ferfailleに対して行われた。

第二次世界大戦中と戦後処理の1944年11月~1950年8月の期間に2940人に死刑判決が出され、242人が銃殺刑になった。最後の死刑囚ナチス強制収容所の所長だったフィリップ・シュミットである。彼らは軍法による死刑囚であり、銃殺刑が執行された。

1996年8月1日に全ての死刑が禁止され、2005年2月2日に憲法14条に死刑の禁止が追加された。

執行方法[編集]

死刑執行人[編集]

  • 詳細不明

関連項目[編集]