ナミビアにおける死刑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナミビア

ナミビアにおける死刑(ナミビアにおけるしけい)の項目では、ナミビアにおける死刑について解説する。ナミビアにおいては1990年の独立以降一度も死刑は執行されていない。1990年の独立時における憲法において、全ての犯罪に対する死刑が禁止されている[1]。ナミビア領内において最後に執行された死刑は、南アフリカ共和国支配下の1988年に行われたものである。

サハラ以南のアフリカにおいては、ナミビアはブルンジギニアモーリシャスサントメ・プリンシペとともに最も早い時期に死刑を廃止した国家グループのひとつである[2]。また、ルワンダが2007年に死刑を廃止した際のポール・カガメ大統領の発言に対して、ナミビアの法相Pendukeni Iivula-Ithanaは「政府は死刑を存続すべきという世論に対しリーダーシップを発揮して、死刑の廃止を市民に受け入れさせる必要がある」というコメントをルワンダの法相とともに発している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Death sentences and executions in 2011{{{1}}} (PDF) (英語),2012年4月14日閲覧。
  2. ^ Economic and Social Council-United Nations_E/1995/78(英語),2012年4月14日閲覧。

関連項目[編集]