蟹江憲史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蟹江 憲史(かにえ のりちか、1969年 - )は、日本環境学者慶應義塾大学環境情報学部教授。専門は国際関係論環境政策学

略歴[編集]

国際連合大学高等研究所東京工業大学大学院准教授を経て、2015年より現職[1]

学歴[編集]

  • 1994年3月 慶應義塾大学総合政策学部 卒業
  • 1996年3月 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程 修了
  • 2000年3月 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程 単位取得退学
  • 2001年4月 博士(政策・メディア、慶應義塾大学)

職歴[編集]

著書[編集]

単書[編集]

  • 『地球環境外交と国内政策』(慶應義塾大学出版会、2001年)
  • 『環境政治学入門 地球環境問題の国際的解決へのアプローチ』(丸善出版、2004年)

編書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]