セックス・ポジティブ・フェミニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セックス・ポジティブ・フェミニズム(Sex-positive feminism)は、性の解放は女性の自由の不可欠な要素であるという思想を中心とした、1980年代初頭に始まった運動。一部のフェミニストは、ポルノグラフィに反対するフェミニストに対抗して、セックス・ポジティブ・フェミニズム運動に関与するようになった[1]

1980年代初頭のセックス・ポジティブ・フェミニストと反ポルノグラフィ・フェミニストの間の激しい論争は、しばしばフェミニスト・セックス戦争と呼ばれている。

セックス・ポジティブ・フェミニズムは、セックス・ポジティブ運動と関連している。

セックス・ポジティブ・フェミニズムは特に、反検閲活動家、LGBT活動家、フェミニスト学者、ポルノグラフィやエロティカの製作者を結集させている。 セックス・ポジティブ・フェミニストは一般的に、売春婦そのものが犯罪者とされたり、刑罰を受けたりするべきではないという考えで一致している。

用語[編集]

セックス・ポジティブ・フェミニズムは、「親セックス・フェミニズム」(pro-sex feminism)、セックスラディカル・フェミニズム(sex-radical feminism)、「性的にリベラルなフェミニズム」(sexually liberal feminism)としても知られている。

思想[編集]

最初にセックス・ポジティブ・フェミニストと呼ばれた人物の一人である、作家・活動家のスージー・ブライト英語版

セックス・ポジティブ・フェミニストは、ラディカル・フェミニズムに起因する、男性のセクシュアリティに対する誹謗中傷を拒否し、代わりに人間の性の全範囲を容認する。彼女らは、家父長制が性的表現を抑圧していると主張し、ポルノグラフィを制限するのではなく、全てのジェンダーの人々により多くの性的機会を与えることに賛成している[2]

セックス・ポジティブな立場を主張しているフェミニストには、作家のキャシー・アッカー、学者のカミール・パーリア、ポルノ女優のニナ・ハートレーキャンディダ・ロイヤルアニー・スプリンクルエレン・ウィリスが含まれる[3]

歴史的ルーツ[編集]

社会学者、性科学者、セックス・ポジティブ・フェミニストのキャロル・クイーン英語版

フェミニスト間における反ポルノグラフィの傾向に反対する、最も初期のフェミニストによる論述の一つは、1979年10月に『ヴィレッジ・ヴォイス』で最初に公開されたエレン・ウィリスの随筆『フェミニズム、道徳、そしてポルノグラフィ』(Feminism, Moralism, and Pornography)だった[4]。 彼女は、フェミニストは全てのポルノグラフィを全面的に非難するべきではないと述べ、ポルノに対する制限は、フェミニストにとって有利な表現にも容易に適用できると指摘した[5]

関連する主要な論点[編集]

ポルノグラフィ[編集]

ゲイル・ルービンは、反ポルノグラフィのフェミニストは、架空のシーンを描き、仕事の内容に同意した俳優を使用しているにもかかわらず、描写された女性が本当にレイプされていることを示唆するかのように、最も衝撃的なポルノ画像(SMに関連するもの等)を文脈から外して提示することによって、ポルノグラフィの危険性を誇張していると指摘している[6]。セックス・ポジティブ・フェミニストは、ポルノへのアクセスは男性と同じくらい女性にとって重要であり、ポルノについて女性が劣ることは何もないと述べている[7][8]

ヤスミン・ハーゲンドルファー英語版などのフェミニストキュレーターは、フェミニストやクィアをテーマにしたポルノ映画祭を開催している[9]

売春[編集]

一部のセックス・ポジティブ・フェミニストは、女性と男性はセックスワークを通して前向きな経験をすることができ、それが違法である場合、売春は非犯罪化されるべきであると考えている。彼女らは、売春婦が敬意を持って扱われ、セックスワーカーが差別を受けなければ、売春は必ずしも女性にとって悪いことではないと述べている[10][11]

その他の研究[編集]

セックス・ポジティブ・フェミニストのトリスタン・タオルミノ英語版

フェミニスト・ポルノグラフィは、ポルノグラフィ業界において小規模ながらも成長途上にあるセグメントである。2006年に、フェミニスト・ポルノ・アワードが設立された。

参考文献[編集]

  1. ^ McElroy, Wendy (1995). XXX: a woman's right to pornography. New York: St. Martin's Press. ISBN 9780312136260 
  2. ^ Queen, Carol (1997). Real live nude girl: chronicles of sex-positive culture. Pittsburgh, Pennsylvania: Cleis Press. ISBN 9781573440738 
  3. ^ 6 Sex-Positive People Who Fought For Your Pleasure” (英語). Bustle. 2019年10月8日閲覧。
  4. ^ Willis, Ellen (1979年10月). “Feminism, moralism, and pornography”. The Village Voice 
    • Re-published as: Willis, Ellen (2012), “Feminism, moralism, and pornography”, in Willis, Ellen, Beginning to see the light: sex, hope, and rock-and-roll, Minneapolis: University of Minnesota Press, pp. 219–227, ISBN 9781452948997. 
  5. ^ Willis, Ellen (1979年). “Lust horizons: is the women's movement pro-sex?”. The Village Voice 
  6. ^ Rubin, Gayle S. (1984), “Thinking sex: notes for a radical theory of the politics of sexuality”, in Vance, Carole, Pleasure and danger: exploring female sexuality, Boston: Routledge & K. Paul, pp. 267–319, ISBN 9780710202482. 
  7. ^ McElroy, Wendy (1996). Sexual correctness: the gender-feminist attack on women. Jefferson, N.C: McFarland. ISBN 9780786402267 
  8. ^ Strossen, Nadine (2000). Defending pornography: free speech, sex, and the fight for women's rights. New York London: New York University Press. ISBN 9780814781494 
  9. ^ Porn Film Festival Vienna: Festival multipler Höhepunkte”. Der Standard. 2018年11月28日閲覧。
  10. ^ Bell, Kelly J. (2009). “A Feminist's Argument on How Sex Work Can Benefit Women”. Inquiries Journal 1 (11). http://www.inquiriesjournal.com/articles/28/a-feminists-argument-on-how-sex-work-can-benefit-women. 
  11. ^ Comte, Jacqueline (2014-03-01). “Decriminalization of Sex Work: Feminist Discourses in Light of Research” (英語). Sexuality & Culture 18 (1): 196–217. doi:10.1007/s12119-013-9174-5. ISSN 1095-5143. 

関連項目[編集]