ニナ・ハートレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニナ・ハートレー
Nina Hartley
Nina Hartley
2013年
本名 マリー・ルイズ・ハートマン
別名義 ニナ・ハートマン、ニナ・ハートウェル
生年月日 (1959-03-11) 1959年3月11日(58歳)
出生地 アメリカ合衆国バークレー (カリフォルニア州)
民族 コーカソイド
公式サイト http://www.nina.com/

ニナ・ハートレーNina Hartley、本名マリー・ルイズ・ハートマン (Marie Louise Hartman)[1]バークレー (カリフォルニア州)出身、1959年3月11日 - )は、 アメリカ合衆国ポルノ女優ポルノ映画監督、性教育者。

生い立ち[編集]

ハートレーは社会主義ユダヤ人の家庭に生まれ、サンフランシスコ・ベイエリアで育った。彼女はサンフランシスコ州立大学の学部の看護学校に通い、1985年に優秀な成績で卒業した。彼女は、看護師である[2]

アダルトビジネスにおけるキャリア[編集]

1982年・看護学校の二年生の時に、彼女はミッチェル・ブラザーズ・オファーレル劇場のストリッパーとして働き始めた[2]

1984年・三年生の時に、彼女はポルノ映画の世界に進出した。彼女のデビューパフォーマンスはベテランのポルノスターである(ペグおばさんとして、より有名な)ジュリエット・アンダーソンのプロデュースによる映画「Educating Nina」である。そして、これは大ヒットを記録した。それ以来、彼女は400本以上の封切り成人映画に主演し続けて、業界において最も息の長い、認知度の高いパフォーマーの1人となった。

彼女は、インタビューにおいて芸名の由来について、以下のように答えている。彼女がサンフランシスコのダンサーだった時、「ニナ」という名前が日本人の観光客にとって発音が簡単だったため「ニナ」を選んだ。また、その頃マリエット・ハートレーがジェームズ・ガーナーと製作していた人気のカメラコマーシャルが好きだったので、「ハートレー」を選んだ。

成人映画産業において、彼女は、活きのよい弾みのある臀部(しばしば「業界最高の尻」と呼ばれる)とアナルセックスシーン、異人種間のセックスシーンとレズビアンのシーンによって最も知られている。

政治的に、ハートレーは社会主義者であり、セックスに対して率直な陽性のフェミニストである。他の女性に向けて、彼女は「セックスは、男性があなたに行なうものでありません。男性があなたから引き出すものではありません。セックスは、どの状況においても彼がそうだったように、あなたが喜びと共に、自分から飛び込んでいくものです。」と言っている。 ハートレーは、成人映画産業の存在する権利の主張者で、ジェナ・ジェイムソンのスターダムへの浮上に先立って、テレビのニュース番組やトークショーが、プロサイドから理路整然と主張の出来る、一線級の成人映画女優を必要とした時には、しばしば訪ねられた。彼女は、仲間のポルノ女優オナ・ジーを伴って、オプラ・ウィンフリー・ショーに特によく出演した。二人は主に、女性の観客からきびしい詮索に晒されたが、引き下がることはせず、彼女達の業界を率直に支持した。彼女もオナ・ジーも、業界での違法薬物使用に対して強く反対意見を述べた。

彼女は、ウェンディ・マッケルロイが1995年に書いた本、「 XXX:A Woman's Right to Pornography」のためにインタビューを受けている。彼女は1993年・ラスベガスにおいて、あるアダルトビデオ企業の資金調達目的でレスビアンのショーを上演したために、10人の他のアダルトスター(後に、「エロチック・イレブン」として知られる)と共に、観客に紛れていた覆面警官によって逮捕された経緯を述べている。レスビアンと売春斡旋は重罪であり、懲役6~12年の恐れがあると脅され、結局彼女は軽い罪を認めて許された[3]

ポルノ映画での彼女のこれまでの役割に加えて、彼女は一連の「Guide to~」シリーズ(基本的な性交や前戯から、アナルセックスボンデージ (BDSM) まで、あらゆる性的なものを網羅した入門的なシリーズ映画)において製作・監督・主演を果たした。

ハートレーは、1997年の映画「ブギーナイツ(Boogie Nights)」で、ウィリアム・H・メイシーの不貞を繰り返す妻の役で出演し、ハリウッドの表舞台に進出した。彼女はまた、1996年のカナダの映画「Bubbles Galore」にも出演している[4]

ハートレーは私生活においてバイセクシャルである事を公にしており[5]、彼女の夫デイブ(彼女が19歳の時、彼に出会った)と、「妻」ボビー・リリーとの三人での共同生活を20年間続け、アダルトビジネス界において最も長い安定した関係と言われた。ハートレーはこの関係を解消した後、「私はあまりに未熟でした、そして、彼はあまりに独占欲が強かった。それは、非生産的でした…。3人の関係が間違ったものであったので、結局終わることになりました。」と言っている[6]。 彼女が再婚したアイラ・レヴァイン(別名アーネスト・グリーン)はポルノ映画(特にBDSM映画)の監督。彼らは、映画「The Ultimate Guide to Anal Sex for Women」(監督:Tristan Taorminoとグリーン)や「O嬢の性癖 (O: the Power of Submission) 」(監督:グリーン)の場合のように時々一緒に仕事をする。これらの映画の両方で、ハートレーは主役ではないが、重要な役を演じている。

ポルノ男優レキシントン・スティールは、2001年のインタビューにおいて、ニナ・ハートレーとのセックスが疑う余地なく、彼がこれまでに体験した最高のセックスであったと述べた[7]

受賞歴[編集]

ニナは彼女の経歴において、さまざまな批評家やファンの組織から、多数の賞を獲得した。以下は、彼女の受賞歴である。

AVN 受賞歴[編集]

  • AVN殿堂顕彰[8]
  • Best Specialty Tape - BDSM 『Nina Hartley's Private Sessions 13』(2005年)[9]
  • Best Specialty Tape - スパンキング 『Nina Hartley's Guide To Spanking』(2005年)[9]
  • 最優秀助演女優賞 - ビデオ 『The Last X-Rated Movie』(1991年)[9]
  • Best Couples Sex Scene - 映画 『Amanda By Night II 』(1987年)[9]
  • Best Couples Sex Scene - ビデオ 『Sensual Escape』(1989年)[9]
  • 最優秀助演女優賞 - 映画 『Portrait of an Affair』(1989年)[9]
  • 最優秀主演女優賞- ビデオ 『Debbie Duz Dishes』(1987年)[9]

XRCO 受賞歴[編集]

その他[編集]

  • FOXE 年間最優秀女優(1990年、91年、92年)[11]
  • FOXE Special Three-peat award(1993年 - 3年連続受賞を讃えて贈られた)[11]
  • Legends of Erotica(1994年)[12]

出典[編集]

  1. ^ Adult Film Star Biographies and Their Take On The Naked Art Show”. SearchYourLove (2006年11月6日). 2007年11月9日閲覧。
  2. ^ a b Ranz, Sheldon (1989). “INTERVIEW: NINA HARTLEY”. A journal of Progressive Jewish Thought (Shmate) Spring (22): pp. 15-29. http://web.archive.org/web/20060822201624/redgarterclub.bravehost.com/Nina_ShmateInterview+(1989)/NH_ShmateInterview.html 2008年11月27日閲覧。. 
  3. ^ Wendy McElroy. XXX: A Woman's Right to Pornography, 1995. Chapter 7.
  4. ^ http://imdb.com/title/tt0115771/
  5. ^ Mourra, Sarah (November 22, 2000), “Porn Star Talks Sex to Students”, The Daily Californian, http://www.dailycal.org/sharticle.php?id=4042 2007年11月14日閲覧。 
  6. ^ Gene Ross (2004年12月10日). “Nina Hartley Interview”. AdultFYI. 2007年7月23日閲覧。
  7. ^ Lexington Steele interview, Excaliburfilms
  8. ^ “AVN殿堂入りメンバー”. http://www.avnawards.com/index.php?content=halloffame 2008年8月30日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g “Past AVN Award Winners” (英語). http://www.avnawards.com/index.php?center=pastwinners 2008年8月20日閲覧。 
  10. ^ “XRCO殿堂入りメンバー”. http://www.bwdl.net/XRCO-2/hall.htm 2008年8月30日閲覧。 
  11. ^ a b c “rame awards list” (英語). http://www.rame.net/library/lists/best.html 2008年8月30日閲覧。 
  12. ^ “Legends of Erotica”. http://www.ainews.com/story/12687/ 2008年8月30日閲覧。 

外部リンク[編集]