フェミニスト経済学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フェミニスト経済学は、経済学と経済の重要な研究であり、ジェンダーを意識した包括的な経済調査と政策分析に焦点を当てている。[1] フェミニストの経済研究者には、学者、活動家、政策理論家、実務家がいる。 多くのフェミニスト経済研究者たちは、 ケアワーク、パートナーによるDV問題など、経済学分野で無視されてきたトピックや、経済の有給部門と無給部門の差異など、ジェンダー効果及び作用の統合を通じて改善できるであろう経済理論に焦点を当てている。[2] 他のフェミニスト研究者たちは、 ジェンダーエンパワーメント指数(GEM)などの新しい形式のデータ収集と測定、および潜在能力アプローチなどのジェンダーを意識した理論に取り組んでいる。[3] フェミニスト経済学は、「地域、国、および国境を越えたコミュニティにおける子供、女性、男性の福祉を向上させる」という目標に向かう。

マリリン・ウォーリング"If Women Counted" (1988)の著者

1988年、 マリリン・ウォーリングは、"If Women Counted:A New Feminist Economics"[4] の中で経済成長を測定する国際基準である国民経済計算システムの画期的かつ体系的な批評を展開し、女性の無給労働と自然の価値が経済において生産的と見なされるものから除外されていることを批判した。マリリン・ウォーリングをテーマにしたアンソロジーが2014年に出版された。(Counting on Marilyn Waring

経済市場活動外の生産的活動の除外[編集]

フェミニスト経済学は、経済発展における育児家事労働などの非市場活動の重要性に注意を喚起する。[5] [6] これは、それらの非生産的労働が「非経済的」現象として、説明されないままの新古典派経済学とはまったく対照的である。[7]

このような労働力を経済勘定に含めると、女性がこれらの仕事の大半を行うため、実質的なジェンダーバイアスが取り除かれる。[8] こうした労働が経済モデルで考慮されていない場合、女性によって行われた多くの仕事は考慮されず、文字通り労働の努力が軽んじられることになる。

コロンビアの家庭内労働者。 近所の友人や家族が世帯と育児の責任を分担することは、伝統的な労働市場の外で行われる市場外活動の例。

見落とされている力関係[編集]

フェミニスト経済学はしばしば権力関係が経済内に存在すると主張し、以前は見過ごされてきた経済モデルで評価されなければならないとする[5]。例えば、「新古典主義のテキストでは、労働は双方に利益をもたらす互恵的な交換と見なされる。雇用主に従業員に対する権力を与える傾向がある権力の不平等については言及されていない [9]。」これらの権力関係はしばしば男性が有利であり、「職場で女性が直面する特定の困難について言及されたことは無い 。」その結果、「権力と家父長制を理解することで、男性主導の経済制度が実際にどのように機能するか、そしてなぜ女性が職場で不利になることが多いのかを分析することができる 。」

フェミニスト経済学者は、権力関係は社会固有の重要な特徴であるとして、これらの批判を社会の様々な側面について展開する。

フェミニスト経済学者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ IAFFE - Mission Statement” (英語). www.iaffe.org. 2018年8月1日閲覧。
  2. ^ Feminist economics. Benería, Lourdes., May, Ann Mari, 1956-, Strassmann, Diana Louise.. Cheltenham, UK: Edward Elgar. (2011). ISBN 9781843765684. OCLC 436265344 
  3. ^ Benería, Lourdes; May, Ann Mari; Strassmann, Diana L. (2009). “Introduction”. Feminist Economics: Volume 1. Cheltenham, UK and Northampton, MA: Edward Elgar. ISBN 9781843765684. オリジナルの2013-05-27時点におけるアーカイブ。. https://www.e-elgar.co.uk/bookentry_main.lasso?id=3226 
  4. ^ Waring, Marilyn, 1952- (1988). If women counted : a new feminist economics. San Francisco: Harper & Row. ISBN 0-06-250933-0. OCLC 18415764. https://www.worldcat.org/oclc/18415764 
  5. ^ a b Power, Marilyn (November 2004). “Social Provisioning as a Starting Point for Feminist Economics”. Feminist Economics 10 (3): 3–19. doi:10.1080/1354570042000267608. 
  6. ^ Razavi, Shahra (September 2009). “From Global Economic Crisis to the 'Other Crisis'”. Development 52 (3): 323–328. doi:10.1057/dev.2009.33. 
  7. ^ Nelson, Julie A. (Spring 1995). “Feminism and Economics”. The Journal of Economic Perspectives 9 (2): 131–148. doi:10.1257/jep.9.2.131. JSTOR 2138170. 
  8. ^ “Valuing women's work”. Human Development Report 1995. United Nations Development Programme. (1995). pp. 87–98. http://hdr.undp.org/en/media/hdr_1995_en_chap4.pdf 
  9. ^ Schneider. “Ten Principles of Feminist Economics: A Modestly Proposed Antidote”. Dept. of Economics, Bucknell University. 2012年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]