勝俣宣夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かつまた のぶお
勝俣 宣夫
生誕 (1942-12-05) 1942年12月5日(79歳)
日本の旗 日本 東京
出身校慶應義塾大学経済学部
職業実業家

勝俣 宣夫(かつまた のぶお、1942年12月5日 - )は日本の実業家である。総合商社丸紅の社長、会長を経て、相談役

来歴[編集]

東京都出身。勝俣久作(代ゼミ創設者の一人)の五男。1966年慶應義塾大学経済学部を卒業し、丸紅飯田(現丸紅)入社。1990年に印刷用紙部長。その後取締役、常務、専務を経て2003年に丸紅社長。5年間務め毎年最高の純利益を記録した。2009年ハーバード大学が選ぶ「業績・株価の向上に貢献した世界のCEOベスト100」に選出された[1]。2013年2月19日丸紅株式会社取締役相談役、同年相談役[2]

この間2008年5月から一般社団法人日本貿易会会長[3]2011年経済同友会副代表幹事を辞任し、日本経済団体連合会副会長就任。2011年から日立製作所取締役。横河電機取締役、一般財団法人日中経済協会副会長[4]、公益社団法人中小企業研究センター理事[5]、一般社団法人日本ミャンマー協会副会長等も務める[6][7]

受章[編集]

人物[編集]

  • 「策士」「寝技師」などと語られる。辻亨(先代社長)を「陽」とすれば勝俣は「陰」。二人の対比が「策士」というイメージを増幅させた。社内の評判は「人との信頼関係を重んじ、義理人情に厚い人柄」[10]
  • 学生時代からヨットを愛し、現在も東京湾の潮風を頬に受けながらブランデーグラスを傾ける。
  • フィンランドが好きでこれまで100回以上訪れている。一方で商社マンのイメージとは裏腹に海外赴任経験が一度もない
  • 座右の銘は「至誠天に通ず
  • 兄弟の勝俣孝雄新日鉄副社長)、勝俣恒久東京電力会長)と三人で「産業界の勝俣三兄弟」と呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ “[言葉のアルバム]最善尽くし招き寄せる 勝俣宣夫さん”. 読売新聞夕刊: p. 7. (2010年7月9日) 
  2. ^ 「会長・社長人事に関するお知らせ」丸紅株式会社
  3. ^ 「勝俣宣夫新会長に聞く」日本貿易会
  4. ^ 「「日中省エネルギー・環境ビジネス推進協議会(JC-BASE)」幹事名簿」一般財団法人日中経済協会
  5. ^ 「理事・監事」公益社団法人中小企業研究センター
  6. ^ 「役員一覧」横河電機
  7. ^ 「役員名簿|協会ごあいさつ|一般社団法人 日本ミャンマー協会 [JAPAN MYANMAR ASSOCIATION」]一般社団法人日本ミャンマー協会
  8. ^ 令和3年春の叙勲受章者名簿(大綬章受章者) - 内閣府
  9. ^ 『官報』号外第99号、令和3年4月30日
  10. ^ “[トップ交代]丸紅新社長に就任する勝俣宣夫氏 単独での生き残り目指す”. 読売新聞: p. 10. (2002年12月19日) 

参考文献[編集]

先代:
辻亨
丸紅社長
第12代: 2003年 - 2008年
次代:
朝田照男
先代:
宮原賢次
日本貿易会会長
第8代:2008年 - 2012年
次代:
槍田松瑩