室伏稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

室伏 稔(むろふし みのる、1931年9月22日 - 2016年1月27日[1])は、日本の実業家伊藤忠商事社長や、日本政策投資銀行社長、日本貿易会会長を務めた。

人物・経歴[編集]

静岡県小山町出身。静岡県立沼津東高等学校では柔道部黒帯を取得。1956年東京大学法学部第2類(公法コース)卒業。1990年から伊藤忠商事社長を務め、タイムワーナーファミリーマートへの出資などを行った[2]。1994年初代日本トルクメニスタン経済委員会会長[3]。2007年から日本政策投資銀行総裁として民営化にあたり、2008年に民営化された日本政策投資銀行の初代社長に就任した[2]。2016年1月27日死去。84歳没。

脚注[編集]

先代
米倉功
伊藤忠商事社長
第8代:1990年 - 1998年
次代
丹羽宇一郎
先代
(初代)
日本トルクメニスタン経済委員会会長
初代:1994年 - 2008年
次代
藤田純孝
先代
江尻宏一郎
日本貿易会会長
第6代:1996年 - 2000年
次代
宮原賢次
先代
小村武
日本政策投資銀行総裁
第3代:2007年 - 2008年
次代
(解散)
先代
(初代)
日本政策投資銀行社長
初代:2009年 - 2011年
次代
橋本徹