ジェローム・アイザック・フリードマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1990年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:陽子および束縛中性子標的による電子の深非弾性散乱に関する先駆的研究

ジェローム・アイザック・フリードマン(Jerome Isaac Friedman, 1930年3月28日 – )はアメリカ合衆国物理学者

略歴[編集]

イリノイ州シカゴロシアからのユダヤ人移民の両親の間に生まれた。彼は、アルバート・アインシュタイン相対性理論の本を読んで物理に興味を持ち、シカゴ美術館の奨学金を受けながら、シカゴ大学で物理学を学んだ。ここでエンリコ・フェルミの下で研究を行い、1956年に博士号を取得した。

彼はクォーク存在の実験的証拠を発見した一人であり、1990年度のノーベル物理学賞を受賞した。マサチューセッツ工科大学の教授となり、Bulletin of the Atomic Scientists誌のスポンサー委員会のメンバーを務めた。

2008年、ベオグラード大学から名誉博士の称号を受け、ベオグラード大学物理学部と附属の世界的に有名な研究所の名誉教授となった。

2016年春の叙勲で旭日大綬章を受章[1]

脚注[編集]

  1. ^ 旭日大綬章に自見元郵政相=北島三郎、富司純子さんに小綬章-春の叙勲 時事ドットコム 2016年4月29日

外部リンク[編集]