ウィリアム・ダニエル・フィリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
William Daniel Phillips
ウィリアム・ダニエル・フィリップス
William D. Phillips.jpg
ウィリアム・ダニエル・フィリップス(2012)
生誕 (1948-11-05) 1948年11月5日(69歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ウィルクスバリ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 アメリカ国立標準技術研究所
メリーランド大学カレッジパーク校
出身校 マサチューセッツ工科大学 
主な業績 レーザー冷却
主な受賞歴 ノーベル物理学賞 (1997)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1997年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:レーザー光を用いて原子を極低温に冷却および捕捉する技術の開発

ウィリアム・ダニエル・フィリップス(William Daniel Phillips, 1948年11月5日 – )はアメリカ人物理学者ペンシルベニア州ウィルクスバリで、ウィリアム・コーネリアス・フィリップスとマリー・キャサリン・サビーノの間に生まれた。彼はイタリア、ウェールズ系で、メソジストである。

フィリップスの両親は1959年にペンシルベニア州キャンプヒルに移ってきて、彼はここで高校を卒業した。1970年に首席でジュニアータ大学を卒業した。その後、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得した。

博士課程でのテーマは、水分子中のプロトン磁気モーメントに関する研究だった。この研究は、その後の彼の研究に役立った。彼は後に、ボース=アインシュタイン凝縮の研究を行った。1997年、彼はアメリカ国立標準技術研究所で行ったレーザー光を用いて原子を極低温に冷却および捕捉する技術の開発により、スティーブン・チュークロード・コーエン=タヌージとともにノーベル物理学賞を受賞した。

彼はメリーランド大学カレッジパーク校の物理学の教授でもある。

プロフィール[編集]

彼は、マサチューセッツ工科大学に行く直前にジェーン・ファン・ワイネンと結婚した。1979年上旬に結婚するまでは二人とも熱心に教会に通う方ではなかったが、その多様性を気に入り、メリーランド州ゲイザースバーグのメソジスト教会に通うようになった。彼は、国際科学宗教学会の創設メンバーの一人である。夫妻は、デザイナーのケイトリン(1979年生)、イギリスで考古学を学んでいるクリスティーン(1981年生)という二人の娘に恵まれた。

UMCPの生化学のセミナーで行われたCoherent Atoms in Optical Latticesと題した講演で、フィリップスは「ルビジウムは、ボース=アインシュタイン凝縮のための神様がくれた贈り物だ」と述べた。

外部リンク[編集]