シェルドン・グラショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sheldon Lee Glashow
シェルドン・グラショー
Sheldon Glashow at Harvard cropped.jpg
生誕 (1932-12-05) 1932年12月5日(84歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 理論物理学
研究機関 ボストン大学
ハーバード大学
カリフォルニア大学バークレー校
出身校 コーネル大学
ハーバード大学
論文 The vector meson in elementary particle decays (1958)
博士課程
指導教員
ジュリアン・シュウィンガー
主な業績 電弱相互作用 
主な受賞歴 ノーベル物理学賞(1979)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1979年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:電磁相互作用と弱い相互作用の統一理論への貢献、特に中性カレントの予想

シェルドン・グラショー(Sheldon Lee Glashow, 1932年12月5日 – )は、アメリカ合衆国物理学者ボストン大学の、数学と物理学の教授である。

経歴[編集]

ニューヨーク市に生まれる。両親はロシア系のユダヤ人の移民[1]。1960年ごろ、グラショーは電弱相互作用に関する初めての理論を提案し、これは後にアブドゥッサラームスティーヴン・ワインバーグによって発展された。この研究により、3人は1979年度のノーベル物理学賞を受賞した。またジョン・イリオポロスルチャーノ・マイアーニらとの研究で、チャームクォークの存在を予言した。

グラショーはニューヨークのブロンクス科学高校でワインバーグとともに学んだ。1954年にコーネル大学より学士号を取得し、1959年にハーバード大学ジュリアン・シュウィンガーの下で博士号を取得した。1961年にスタンフォード大学の教職員となり、1962年カリフォルニア大学バークレー校準教授、1966年ハーバード大学教授となった。また、客員教授として、1964年にブルックヘブン国立研究所ニールス・ボーア研究所、1968年には欧州原子核研究機構を訪れている。グラショーは超弦理論の懐疑論者であり、実験的な証明ができない点を問題視している。またグラショーはBulletin of the Atomic Scientists誌のスポンサー委員を務めている。

脚注[編集]

  1. ^ Sheldon Lee Glashow – Britannica Encyclopedia. Britannica.com. Retrieved on September, 21 2017.

外部リンク[編集]