内山田竹志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内山田 竹志(うちやまだ たけし、1946年8月17日 - )は日本自動車エンジニア実業家トヨタ自動車代表取締役会長一般社団法人日本経済団体連合会副会長、東和不動産株式会社監査役内閣府総合科学技術・イノベーション会議非常勤有識者議員愛知県出身。

略歴[編集]

父の亀男もトヨタマンで、3代目クラウンの開発責任者(チーフエンジニア)を務めた。1969年3月に名古屋大学工学部応用物理学科を卒業し、同年4月にトヨタ自動車工業株式会社(現・トヨタ自動車株式会社)に入社。1994年に第2開発センター第2企画部主査に就任し、同年から初代プリウスの開発責任者となる[1]1996年に同センターチーフエンジニア、1998年取締役2001年常務取締役、2003年専務取締役、2005年に取締役副社長、2012年に取締役副会長、2013年に代表取締役会長(第5代、工販分離前から数えると第9代[2])に就任した[3]豊田章男社長体制下で、副社長、副会長、会長を歴任しており、トヨタ自動車本体の社長を経ないで同社会長に就任したのは、1978年に第4代トヨタ自動車工業株式会社会長に就任した花井正八以来のこととなる。2013年からは日本経済団体連合会副会長にも就任している。2012年の役員報酬は1億1100万円、2013年の役員報酬は1億6500万円、2014年の役員報酬は1億6500万円[4]

2014年4月10日、トヨタは、最大熱効率を38 %まで高めたアトキンソンサイクルエンジンの開発完了と、2016年までに14機種の高効率エンジンを投入することを発表し、在来型(ノンハイブリッド)エンジンの強化に力を入れていく方針を明らかにしたが、この背景には、ハイブリッド車に強い思い入れのある内山田が経団連副会長に就任して、現場に対する影響力が弱まったことも原因にあるという。トヨタのエンジニアによると、「(内山田の考えは)あくまで主役はハイブリッドでエンジンは脇役。ガソリンエンジンはまだいいほうで、ディーゼル部門などは内山田さんの前では小さくなっていなければならなかった」という[5]

2015年春の褒章で藍綬褒章を受章[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

ビジネス
先代:
張富士夫
トヨタ自動車会長
第5代 : 2013年 -
次代:
(現職)