ジャック・サンテール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャック・サンテール
Jacques Santer
Jacques Santer.jpg
生年月日 (1937-05-18) 1937年5月18日(80歳)
出生地 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク ワッセンビルヒ
出身校 ストラスブール大学
所属政党 キリスト教社会党
配偶者 ダニエル・ビノ

ルクセンブルクの旗 第22代首相
在任期間 1984年7月20日 - 1995年1月5日
大公 ジャン大公

在任期間 1995年1月23日 - 1999年3月15日
テンプレートを表示

ジャック・サンテール(Jacques Santer、1937年5月18日 - )は、ルクセンブルク政治家

経歴[編集]

キリスト教社会党1979年以降、ルクセンブルクの政権与党第1党であり、サンテールは同党に属し、1979年から1989年まで蔵相を、1984年から1995年まで首相を務めた。首相としての業績に単一欧州議定書に関する協議を牽引し、同議定書はルクセンブルク協約の合意から実に20年が経過して発効した。

1995年、サンテールはイギリスの主導でと欧州委員会委員長となった。これはフランスドイツが主導となって推したベルギーの首相ジャン=リュック・デハーネをイギリスが拒否した経緯があり、妥協された人事である。

サンテール委員会の一部の委員が関連する汚職が告発され、独立専門家委員会による委員の不作為や違法行為などの不正に対する調査が実施された。委員会による報告では、委員個人として責任に欠いた行為が見受けられるとし、これを受けてサンテール委員会は1999年3月15日、報告書が公表されるその日に総辞職した。

1999年から2004年までサンテールは欧州議会議員を務めた。また金融持株会社 General Mediterranean Holdings の取締役も務めていた。

2015年11月、旭日大綬章受章。

先代:
ピエール・ヴェルネル
ルクセンブルクの首相
1984年 - 1995年
次代:
ジャン=クロード・ユンケル
先代:
ジャック・ドロール
欧州委員長
1995年 - 1999年
次代:
マヌエル・マリン
(委員長代行)