フランコ・マリア・マルファッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランコ・マリア・マルファッティ
Franco Maria Malfatti
Franco Maria Malfatti.jpg

任期 1970年7月1日1972年3月21日

出生 1927年6月13日
イタリア王国の旗 イタリア王国 ローマ
死去 (1991-12-10) 1991年12月10日(64歳没)
イタリアの旗 イタリア ローマ
政党 キリスト教民主主義

フランコ・マリア・マルファッティ(Franco Maria Malfatti, 1927年6月13日 - 1991年12月10日)はイタリア政治家

ローマ出身のマルファッティは13世紀末から14世紀初頭のフランス国王フィリップ4世の子孫にあたる。マルファッティはキリスト教民主主義の要職に就き、政治局長としてさまざまな分野に携わった。

同党においてマルファッティはアミントレ・ファンファーニアルド・モーロジョルジョ・ラ・ピラらとともにドセッティ派に属し、1951年に青年局長に、1958年にはリエーティウンブリア地区において代議院議員に選出されている。

マルファッティは1979年から1980年に外相、1978年から1979年まで財務相を務めたほか、運輸公共事業相、産業相、貿易相、通信相を歴任した。また1970年から1972年には欧州委員会委員長を務めていたがイタリアでの選挙に立候補するために辞任している。1980年代は欧州議会のイタリア出身議員団の代表を務めていた。アルド・モーロ派とは政治的に近く、マルファッティはビルダーバーグ会議にも出席していた。

先代:
ジャン・レイ
欧州委員会委員長
1970 - 1972
次代:
シッコ・マンスホルト