ウィム・コック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィム・コック
Wim Kok
Wim Kok 1994.jpg
生年月日 (1938-09-29) 1938年9月29日
出生地 オランダの旗 オランダ ベルハムバヒト
没年月日 (2018-10-20) 2018年10月20日(80歳没)
死没地 オランダの旗 オランダ アムステルダム
出身校 ナインロード・ビジネス・スクール
ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学
前職 政治家
労働組合員
所属政党 労働党
配偶者 リタ・ロゥキマ
子女 3人
サイン Signature of Wim Kok.png

在任期間 1994年8月22日 - 2002年7月22日
国王 ベアトリクス
テンプレートを表示

ウィレム”ウィム”・コック(オランダ語:Wim KokNl-Wim Kok.ogg Willem "Wim" Kok[ヘルプ/ファイル]1938年9月29日 - 2018年10月20日)は、オランダの政治家。第48代オランダ首相などを歴任した。

経歴[編集]

1938年9月29日にベルハムバヒトに誕生する。社会主義系労働組合であるオランダ労働組合連合でキャリアをスタートさせ、1973年から1982年まで議長。1976年から1986年までオランダ労働組合連盟議長。1986年にデン・アイルを引き継ぎ、労働党を率いる。1994年から2002年まで、労働党と自由民主国民党による連立内閣、いわゆる紫連立において首相を務めた。俗にオランダモデルと呼ばれる、ワークシェアリング導入を推進した。その後は欧州委員会でリスボン戦略のロビー活動を行うなど活動を続け、2018年10月20日に80歳で死去した[1]

首相在任中の2000年12月に、インドネシアに対して、植民地時代のオランダの行為に関して謝罪する用意があると表明したが、国内で嵐のような世論の反発に遭い、謝罪は立ち消えとなり、元軍人団体は「謝罪は独立戦争の犠牲になったオランダ兵に対する侮辱である」と猛反発した[2]

出典[編集]

  1. ^ “Former Dutch PM Wim Kok dies at 80, haunted by Srebrenica”. The Washington Post. ワシントン・ポスト. (2018年10月20日). https://www.washingtonpost.com/world/europe/former-dutch-prime-minister-wim-kok-dies-at-age-80/2018/10/20/79fc18d4-d488-11e8-a4db-184311d27129_story.html 2018年10月21日閲覧。 
  2. ^ 前川一郎倉橋耕平呉座勇一辻田真佐憲教養としての歴史問題東洋経済新報社、2020年8月7日、56頁。ISBN 978-4492062135

外部リンク[編集]

公職
先代:
ルード・ルベルス (en
オランダの旗 オランダ首相
第48代:1994年8月22日 - 2002年7月22日
次代:
ヤン・ペーター・バルケネンデ
オランダの旗 オランダ総務大臣
1994年8月22日 - 2002年7月22日
先代:
オノ・ルーディング (en
オランダの旗 オランダ財務大臣
1989年11月7日 - 1994年8月22日
次代:
ヘリット・ザルム (en