コンテンツにスキップ

自由民主国民党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オランダの旗 オランダ政党
自由民主国民党
Volkspartij voor Vrijheid en Democratie
党首 ディラン・イェスィルギョズ=ゼヘリウス英語版
成立年月日 1948年1月24日
本部所在地 オランダの旗 オランダデン・ハーグ
第二院議席数
24 / 150   (16%)
(2023年11月22日)
第一院議席数
12 / 75   (16%)
(2019年5月27日)
欧州議会
5 / 29   (17%)
(2020年)
党員・党友数
26,550
(2022年[1]
政治的思想・立場 中道右派保守[2]
保守自由主義
新自由主義
国際組織 自由主義インターナショナル
欧州自由民主改革党
欧州刷新
公式サイト 自由民主国民党(VVD)公式ホームページ
テンプレートを表示

自由民主国民党(じゆうみんしゅこくみんとう、オランダ語: Volkspartij voor Vrijheid en Democratie、略称:VVD[2])は、オランダ自由主義政党自由民主人民党とも訳される[3]

VVDは「民間企業の最も声高な支援者」と呼ばれる[要出典]。また、社会自由主義を志向する民主66と対比して、市場自由主義(新自由主義、Neoliberalism)志向であるとしばしば受け取られている。

自由主義インターナショナル欧州自由民主改革党に加盟している。

歴史[編集]

結党から1960年代前半まで[編集]

VVDは1948年1月24日、自由党(1946~48年)と、労働党(PvdA)に加わっていた自由主義左派が合流して結成された[4][5]。初代党首にはピーター・ウード英語版が就任した。

1948年から1952年まではウィレム・ドレース内閣の連立与党(PvdA、カトリック人民党英語版(KVP)、キリスト教歴史同盟英語版(CHU))に加わった。1952年の第二院(下院)選挙では1議席増となったが、連立組み換えで野党となった。1959年の第二院選挙後にはKVPのヤン・デ・クヴァイ内閣の連立与党(KVP、反革命党英語版(ARP)、CHU)に加わった。ピーター・ウードは1963年に政界引退を表明し、党首を辞任した。

1963年の第二院選挙では議席を減らしたものの、同じ連立与党によるヴィクトル・マリネン内閣に参画した[6]。1965年にマリネン内閣が崩壊すると、続くヨー・カルス内閣とイェレ・ゼイルストラ内閣では野党となった。

1960年代までのVVDは、いわゆる「柱状化社会」の中で他の自由主義的な組織(オランダ経団連(VNO)、放送局(AVRO英語版)等)と緩やかなつながりを持ち、勢力を維持した。

1960年代後半以降[編集]

1966年には、VVDのアムステルダム市議会議員だったハンス・グライテルス英語版らのイニシアチブによって民主66(D66)が設立され、党内左派グループや青年組織からの参加者が生じた。こうした政治構造の変化を受けて、1971年に党首になったハンス・ウィーゲル英語版は労働者階級や中間層への支持の拡大を図った。

1972年の第二院選挙では6議席増の22議席を得た。PvdA等の連立によるヨープ・デン・アイル内閣を野党の立場から批判し、1977年の第二院選挙では更に6議席を増やして28議席とした。選挙後に、キリスト教民主アピール(CDA)とVVDの2党の連立により第1次ドリース・ファン・アフト内閣を成立させた。1981年の第二院選挙では2議席減の26議席となり、連立与党の議席は過半数割れとなり、第2次・第3次ドリース・ファン・アフト内閣では連立与党から外れた。翌年、ハンス・ウィーゲルは党首を辞任した[7]

この間の党勢拡大の結果、1982年には党員数が10万2888人と党史上最多を記録している[1]

新たに党首となったエド・ナイペルス英語版の下で、1982年の第二院選挙では10議席増の36議席を獲得した。CDAと共に第1次ルード・ルベルス内閣を成立させた。1986年の第二院選挙では9議席減の27議席に留まったが、引き続きCDAと第2次ルード・ルベルス内閣を維持した。ナイペルスは入閣に伴い党首を引き、Joris Voorhoeveが党首となった[8]

1989年には、環境対策の総合計画におけるガソリン税の増税やマイカー通勤者の通勤費非課税措置の上限額引下げをめぐって、VVDと内閣が対立して内閣総辞職に至った[8][9]。その後行われた第二院選挙では5議席減の22議席となった。第3次ルベルス内閣は連立与党をPvdAに変えたため、VVDは野党となった。

1990年代以降[編集]

1990年にはフリッツ・ボルケスタイン英語版が党首になった。1994年の第二院選挙でVVDは議席を9増やして31議席とすると、PvdAのウィム・コック首相率いる「紫連立英語版」に加わった。この連立内閣の下で規制緩和や、安楽死売春の合法化などのリベラルな改革が進められた[10]。1995年の地方議会選挙で大勝し、第一院で初めて第1党となり、1998年の第二院選挙では38議席まで議席を伸ばした。ボルケスタインは欧州委員に就任するために党首を退いた。後任にはハンス・ダイクスタル英語版が就任した[11]

2000年代以降[編集]

2002年の第二院選挙では、選挙前には優勢が予想されていたものの、ピム・フォルタインリスト英語版(LPF)の台頭とピム・フォルタイン殺害事件の影響などから、24議席まで議席数を減らした。ハンス・ダイクスタルは党首を退き、ヘリット·・ザルム英語版に交代した[12]。選挙後にはCDAのヤン・ペーター・バルケネンデを首班とする第1次バルケネンデ内閣の連立与党にLPFと共に加わった。翌2003年にLPFの党内の混乱により内閣が瓦解すると、同年の第二院選挙では28議席まで議席を回復させ、第2次バルケネンデ内閣の連立与党(CDA、D66)となった。

2004年にはVVDの下院議員のヘルト・ウィルダースが、トルコの欧州連合加盟をめぐる党内対立などから離党した(ウィルダースは後に自由党(PVV)を結成する)。

2006年には地方議会選挙の敗北を契機に、新たにマルク・ルッテが党首に就任した。同年にはVVD所属のアヤーン・ヒルシ・アリ下院議員の国籍問題を契機にD66が連立を離脱したため[12]、(第3次)バルケネンデ内閣は少数与党となった。VVDは同年の第二院選挙では22議席しか獲得できず、翌年発足した第4次バルケネンデ内閣には加わらず、野党となった。

2010年代以降[編集]

2010年の第二院選挙で31議席を獲得し、結成後初めて第二院で第1党となり、CDAとの連立とPVVの閣外協力による第1次ルッテ内閣を成立させた。2012年の第二院選挙では41議席に伸ばし、連立相手をPvdAに変えて第2次ルッテ内閣を形成した。2017年の第二院選挙では33議席に減らしたが第1党を維持し、7か月にわたる連立交渉を経てCDA、D66、キリスト教連合(CU)との4党連立による第3次ルッテ内閣を成立させ、政権を維持した[13]

2021年の第二院選挙では34議席を得て第1党を維持し、9か月の連立協議を経て、同じ連立与党による第4次ルッテ内閣が成立した[14][15]

2023年8月14日にディラン・イェスィルギョズ=ゼヘリウス英語版司法相が新党首に就任[16]。同年11月22日に執行された第二院選挙では10議席減らし24議席と敗北し、極右の自由党(37議席)、労働党グリーンレフトが組む左派連合(25議席)にも抜かれ議会内第3勢力に転落した[17]

イデオロギーと政策[編集]

自由民主国民党 (VVD) は自由主義の理念の下に設立され、市場の自由をオランダの政党の中で最も熱心に支持してきた。古典的自由主義、経済自由主義、文化自由主義の立場をとる一方で、オランダの福祉国家の建設にも関わってきた。

VVDの根本的な方針は、「リベラルマニフェスト Liberaal Manifest」と呼ばれる文書や選挙綱領に述べられている。最新の「リベラルマニフェスト」は2005年に発表されたものである。この中では、民主主義、安全保障、自由、市民権の4つのテーマから方針が述べられている。

選挙結果[編集]

国会 (スターテン・ヘネラール)[編集]

第二院の選挙結果[18]
選挙年 得票数 % 獲得議席数 +/- 備考
1948 391,861 7.95
8 / 100
増減なし 連立与党
1952 471,038 8.83
9 / 100
増加1 野党
1956 502,530 8.77
9 / 100
増減なし 野党
13 / 150
増加4
1959 732,758 12.21
19 / 150
増加6 連立与党
1963 643,820 10.29
16 / 150
減少3 連立与党(1963-1965)
野党(1965-1967)
1967 738,229 10.73
17 / 150
増加1 連立与党
1971 653,606 10.34
16 / 150
減少1 連立与党
1972 1,068,375 14.45
22 / 150
増加6 野党
1977 1,492,689 17.95
28 / 150
増加6 連立与党
1981 1,505,311 17.32
26 / 150
減少2 野党
1982 1,900,763 23.08
36 / 150
増加10 連立与党
1986 1,596,991 17.41
27 / 150
減少9 連立与党
1989 1,290,427 14.54
22 / 150
減少5 野党
1994 1,792,401 19.96
31 / 150
増加9 連立与党
1998 2,124,971 24.69
38 / 150
増加7 連立与党
2002 1,466,722 15.44
24 / 150
減少14 連立与党
2003 1,728,707 17.91
28 / 150
増加4 連立与党
2006 1,443,312 14.67
22 / 150
減少6 野党
2010 1,929,575 20.49
31 / 150
増加9 連立与党
2012 2,504,948 26.58
41 / 150
増加10 連立与党
2017 2,238,351 21.29
33 / 150
減少8 連立与党
2021 2,279,130 21.87
34 / 150
増加1 連立与党
第一院の選挙結果
選挙年 得票数[19] %[18] 獲得議席数[20] +/-
1948
3 / 50
増減なし
1951
4 / 50
増加1
1952
4 / 50
増減なし
1955
4 / 50
増減なし
1956
4 / 50
増減なし
7 / 75
増加3
1959
8 / 75
増加1
1963
7 / 75
減少1
1966
8 / 75
増加1
1969
8 / 75
増減なし
1971
8 / 75
増減なし
1974
12 / 75
増加4
1977
15 / 75
増加3
1980
13 / 75
減少 2
1981
12 / 75
減少 1
1983
17 / 75
増加5
1986
16 / 75
減少 1
1987
12 / 75
減少 4
1991
12 / 75
増減なし
1995
23 / 75
増加11
1999[21] 39,809
19 / 75
減少 4
2003[22] 31,026 19.19
15 / 75
減少 4
2007[23] 31,360 19.23
14 / 75
減少 1
2011[24] 34,590 19.65
16 / 75
増加2
2015[25] 28,523 15.79
13 / 75
減少 3
2019[26] 26,157 13.27
12 / 75
減少 1

欧州議会[編集]

欧州議会選挙の選挙結果[18]
選挙年 得票数 % 獲得議席数 +/- 備考
1979 914,787 16.14
4 / 25
増減なし
1984 1,002,685 18.93
5 / 25
増加1
1989 714,745 13.63
3 / 25
減少2
1994 740,443 17.91
6 / 31
増加3
1999 698,050 19.69
6 / 31
増減なし
2004 629,198 13.2
4 / 27
減少2
2009 518,643 11.39
3 / 25
減少1
3 / 26
増減なし リスボン条約批准後の議席数見直し後
2014 571,176 12.02
3 / 26
増減なし
2019 805,100 14.64
4 / 26
増加1
5 / 29
増加1 英国のEU離脱に伴う議席数見直し後

支持基盤[編集]

伝統的に、富裕ビジネスマン層,中間層,ホワイトカラー層を支持基盤とするとされる[2]

党組織[編集]

党大会[編集]

党大会は年に2回開催される[27]

党員数[編集]

2022年時点の党員数は26,550人とされる[1]。1970年代末から80年代初頭にかけて、一時10万人以上の党員数を記録していたが、近年は減少傾向にある。

関連組織[編集]

国際組織[編集]

民主66と共に、欧州自由民主改革党(ALDE)、自由主義インターナショナル(LI)に所属している。欧州議会の会派としては、民主66と共に欧州刷新(2019年までは欧州自由民主同盟)に所属している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c VVD ledentallen per jaar (1948- )” (オランダ語). Documentatiecentrum Nederlandse Politieke Partijen (DNPP). 2022年12月30日閲覧。
  2. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 コトバンク. 2018年9月10日閲覧。
  3. ^ 水島治郎 (2021年8月27日). “第5章 オランダ” (PDF). 経済・社会文化・グローバリゼーション. 総合研究開発機構. 2022年12月30日閲覧。
  4. ^ 網谷龍介・伊藤武・成廣孝『ヨーロッパのデモクラシー』ナカニシヤ出版、2009年。 
  5. ^ Geschiedenis 1948” (オランダ語). Documentatiecentrum Nederlandse Politieke Partijen (DNPP). 2022年12月30日閲覧。
  6. ^ Geschiedenis 1948 - 1963” (オランダ語). Documentatiecentrum Nederlandse Politieke Partijen (DNPP). 2022年12月30日閲覧。
  7. ^ Geschiedenis 1971 - 1982” (オランダ語). Documentatiecentrum Nederlandse Politieke Partijen (DNPP). 2022年12月30日閲覧。
  8. ^ a b Geschiedenis 1982 - 1990” (オランダ語). Documentatiecentrum Nederlandse Politieke Partijen (DNPP). 2022年12月30日閲覧。
  9. ^ 林瑞枝「地球環境をいうとき―ストックホルムからサンパウロへ―」『時の法令』第1411号、朝陽会、1991年10月15日、72頁。 
  10. ^ 津田由美子・吉武信彦『北欧・南欧・ベネルクス』ミネルヴァ書房、2011年。 
  11. ^ Geschiedenis 1990 - 1998” (オランダ語). Documentatiecentrum Nederlandse Politieke Partijen (DNPP). 2022年12月30日閲覧。
  12. ^ a b Geschiedenis 1998 - 2006” (オランダ語). Documentatiecentrum Nederlandse Politieke Partijen (DNPP). 2022年12月30日閲覧。
  13. ^ オランダ4党が連立で合意、総選挙から7カ月経て”. Reuters. 2020年12月30日閲覧。
  14. ^ 過去最長の約9カ月間を経て連立政権の合意成立(オランダ)”. 日本貿易振興機構 (2021年12月24日). 2022年12月30日閲覧。
  15. ^ 第4次ルッテ内閣が発足、民間からも閣僚へ登用(オランダ) - ビジネス短信”. 日本貿易振興機構 (2022年1月18日). 2022年12月30日閲覧。
  16. ^ “Dutch Justice Minister Becomes New Leader of Rutte’s VVD Party”. bloomberg.co.jp. ブルームバーグ. (2023年8月14日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2023-08-14/dutch-justice-minister-becomes-new-leader-of-rutte-s-vvd-party 2023年11月25日閲覧。 
  17. ^ “オランダ下院選、第1党の極右党首が首相就任に意欲 連立難航も”. ロイター. (2023年11月24日). https://jp.reuters.com/markets/japan/funds/27P6LZRQJRLXVET3UVVNVJAW4A-2023-11-23/ 2023年11月25日閲覧。 
  18. ^ a b c 出典はオランダ選挙管理委員会(Kiesraad - verkiezingsuitslagen)掲載データ(2022年10月15日閲覧)
  19. ^ 州の人口に基づく投票価値係数で調整した後の値。
  20. ^ Zetelverdeling in de Eerste Kamer 1917-nu”. Nederlandse verkiezingsuitslagen 1918-nu. 2022年10月11日閲覧。
  21. ^ Eerste-Kamerverkiezingen - 25 mei 1999”. Nederlandse verkiezingsuitslagen 1918-nu. 2022年10月11日閲覧。
  22. ^ Eerste-Kamerverkiezingen - 26 mei 2003”. Nederlandse verkiezingsuitslagen 1918-nu. 2022年10月11日閲覧。
  23. ^ Eerste-Kamerverkiezingen - 29 mei 2007”. Nederlandse verkiezingsuitslagen 1918-nu. 2022年10月11日閲覧。
  24. ^ Eerste-Kamerverkiezingen - 23 mei 2011”. Nederlandse verkiezingsuitslagen 1918-nu. 2022年10月11日閲覧。
  25. ^ Eerste-Kamerverkiezingen - 26 mei 2015”. Nederlandse verkiezingsuitslagen 1918-nu. 2022年10月11日閲覧。
  26. ^ Eerste-Kamerverkiezingen - 27 mei 2019”. Nederlandse verkiezingsuitslagen 1918-nu. 2022年10月11日閲覧。
  27. ^ VVD congressen” (オランダ語). Documentatiecentrum Nederlandse Politieke Partijen (DNPP). 2022年12月30日閲覧。
  28. ^ Over TeldersStichting” (オランダ語). TeldersStichting. 2022年12月30日閲覧。
  29. ^ Geschiedenis jaren vijftig” (オランダ語). Documentatiecentrum Nederlandse Politieke Partijen (DNPP). 2022年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]