野間口有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野間口 有(のまくち たもつ、1940年11月18日 - )は、日本実業家三菱電機相談役。元産業技術総合研究所理事長

来歴[編集]

1940年鹿児島県で生まれる[1]1965年京都大学大学院理学研究科修士課程修了[1]。同年に三菱電機に入社後[1]、一貫して研究開発畑を歩き、2002年4月に代表取締役社長に就任。重電分野に経営資源を集中する「選択と集中」を進め、2002年3月期には780億円の連結最終赤字を計上した業績を、純利益で業界1位に回復させた。

知的財産権に関する見識が高く、総合科学技術会議知的財産戦略専門調査会専門委員[1]産業構造審議会知的財産政策部会委員、工業所有権審議会委員、日本経済団体連合会知的財産委員会委員長[1]日本知的財産協会会長、内閣官房知的財産戦略本部本部員[1]を務めた。2009年4月より2013年3月まで独立行政法人産業技術総合研究所の理事長を務めた。

略歴[編集]

  • 1965年3月 - 京都大学大学院理学研究科修士課程修了[1]
  • 1965年4月 - 三菱電機に入社[1]
  • 1975年3月 - 工学博士
  • 1991年12月 - 材料デバイス研究所長
  • 1993年6月 - 中央研究所長[2]
  • 1994年6月 - 情報システム研究所長
  • 1995年6月 - 取締役 情報技術総合研究所長[2]
  • 1997年6月 - 常務取締役 開発本部長[2]
  • 2001年4月 - 代表取締役 専務取締役[2] インフォメーションシステム事業推進本部長
  • 2002年4月 - 代表取締役 取締役社長[2]
  • 2006年4月 - 取締役会長[1][2]
  • 2009年4月 - 独立行政法人産業技術総合研究所理事長に就任、三菱電機においては、取締役会長を退き取締役に就任。
  • 2010年6月 - 独立行政法人産業技術総合研究所理事長、三菱電機においては、取締役を退き名誉相談役に就任。
  • 2013年4月 - 三菱電機相談役[2]、独立行政法人産業技術総合研究所最高顧問。
  • 2015年4月 - 経済産業大臣から知的財産権制度関係功労者表彰[3]
  • 2016年11月 - 旭日大綬章を受章[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 三菱電機株式会社 | 基礎学力を考える 企業トップインタビュー”. www.kanken.or.jp. 公益財団法人日本漢字能力検定協会. 2022年10月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 「野間口 有」の記事一覧” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン). 2022年10月20日閲覧。
  3. ^ 三菱電機 ニュースリリース 三菱電機相談役 野間口有が平成27年度「知財功労賞」経済産業大臣表彰を受賞” (日本語). 三菱電機 オフィシャルサイト. 2022年10月20日閲覧。
  4. ^ 秋の叙勲4055人 江田元参院議長に桐花大綬章 日本経済新聞 2016年11月3日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代
谷口一郎
三菱電機社長
2002年 - 2006年
次代
下村節宏
先代
吉野浩行
日本知的財産協会会長
2007年 - 2009年
次代
竹中登一
先代
田崎雅元
日本防衛装備工業会会長
2008年 - 2010年
次代
西田厚聰
先代
吉川弘之
産業技術総合研究所理事長
2009年 - 2013年
次代
中鉢良治
先代
庄山悦彦
発明協会会長
2016年 -
次代
(現職)