庄山悦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

庄山 悦彦(しょうやま えつひこ 1936年3月9日 - )は、新潟県出身の日本の実業家。第7代日立製作所代表取締役社長や、同社代表執行役会長、日本経団連副会長、発明協会会長などを歴任した。旭日大綬章受章。

経歴[編集]

  • 1954年 - 新潟県立高田高等学校卒業[1]
  • 1959年 - 東京工業大学理工学部電気工学科卒業
  • 1959年 - 日立製作所入社、日立工場配属
  • 1985年 - 同社国分工場長
  • 1987年 - 同社栃木工場長
  • 1990年 - 同社リビング機器事業部長
  • 1991年 - 同社取締役 AV機器事業部長
  • 1993年 - 同社常務取締役 家電事業本部長
  • 1995年 - 同社専務取締役 家電・情報メディア事業本部長
  • 1997年 - 同社代表取締役副社長
  • 1999年 - 同社代表取締役社長
  • 2006年 - 同社代表執行役会長兼取締役
  • 2007年 - 同社取締役会長
  • 2009年 - 同社取締役会議長を経て相談役[2]
  • 2015年 - 春の叙勲で旭日大綬章受章[3]

その他の役職[編集]

脚注[編集]

先代:
金井務
日立製作所社長
1999年 - 2006年
次代:
古川一夫
先代:
秋山喜久
総務省情報通信審議会会長
2005年 - 2009年
次代:
大歳卓麻
先代:
豊田章一郎
発明協会会長
2012年 - 2016年
次代:
野間口有