滝久雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たき ひさお
滝 久雄
生誕 (1940-02-03) 1940年2月3日(79歳)
東京都
出身校 東京工業大学理工学部機械工学科
職業 実業家

滝 久雄(たき ひさお 1940年2月3日[1] - )は日本の実業家ぐるなび創業者で、同社代表取締役会長社長エヌケービー取締役会長日本交通文化協会理事長等を歴任した[2]

略歴[編集]

東京都出身。東京都立小山台高等学校卒業後、1963年東京工業大学理工学部機械工学科卒業。三菱金属(現三菱マテリアル)に入社するが企業家を目指し4年で退職。父・滝冨士太郎の急逝に会い、父が創業した交通文化事業社(現エヌケービー)を継承するとともに「情報伝達メディアの創出」をライフワークとする。1985年、公衆回線自由化に合わせ情報端末「JOYタッチ」を開発し東京駅銀の鈴広場に設置、コンテンツサービス事業の先駆けとなる。1996年、インターネット普及に合わせ飲食店検索サイト「ぐるなび」を開設。ぐるなび社長を経て会長。

ペア碁の発案者であり[3]公益財団法人日本ペア碁協会の顧問を務める[4]。妻の滝裕子は、同協会の常務理事を務めるほか、囲碁対局サイトを運営する「株式会社パンダネット」(1962年6月創業、東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル8F)の代表取締役であり[5]、久雄が代表を務める一般財団法人ホモコントリビューエンス研究所の役員である[6]

2018年、母校東京工業大学に、30億円を寄付し、Hisao&Hiroko Taki Plazaを建設[7]

2019年、文化庁長官表彰[8]

役職[編集]

受賞[編集]

  • 第46回運輸省交通文化賞(1999年)
  • 東京都功労賞(2003年)
  • 蔵前工業会蔵前ベンチャー大賞(2007年)
  • 日本広告業協会功労賞(2008年)
  • 「情報通信月間」総務大臣表彰(2010年)
  • 大倉喜七郎賞(2016年)

著書[編集]

  • 『貢献する気持ち-ホモ・コントリビューエンス』紀伊国屋書店
  • 『ぐるなび「No.1サイト」への道』日本経済新聞社
  • 『やらなければならないことは、やりたいことにしよう!』PHP研究所

脚注[編集]


先代:
(創業)
ぐるなび社長
1999年 - 2001年
次代:
久保征一郎