古川一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古川一夫(ふるかわ かずお 1946年(昭和21年)11月3日[1] - )は、東京都杉並区[1]出身の日本の実業家。第八代日立製作所社長、新エネルギー・産業技術総合開発機構 現理事長。[2][3]

来歴[編集]

東京都立西高等学校を経て[4]1969年(昭和44年)5月に東京大学工学部(電子工学)を卒業[1]1971年(昭和46年)3月に東京大学大学院(電気)修士課程修了後[1]、同年4月に株式会社日立製作所に入り[1]1997年(平成9)2月に同社 情報通信事業部 公衆通信本部長[1]2003年(平成15)4月に同社 情報・通信グループ長&CEOなどを経て[1]

2006年(平成18)4月に同社 代表執行役 執行役社長に就任[1]したが、2008年(平成20年)度に業界で過去最悪となった7873億円の赤字を計上し、2009年(平成21)4月に社長を退任、取締役 兼 代表執行役 執行役副会長[2]に就任。子会社に出されていた川村隆中西宏明八丁地隆が経営陣に復帰する異例の事態となった[5]

同年6月に副会長を退任し同社 特別顧問に就任した[2]2011年(平成23)9月30日に特別顧問を退任し[6]、同年10月から新エネルギー・産業技術総合開発機構 理事長[2]に就任した。2015年(平成27)10月に新エネルギー・産業技術総合開発機構 理事長に再任された[3]。また、2007年から2009年まで、日本経済団体連合会副会長[7]、2011年から2012年まで情報処理学会会長[8]を務めた。

発言[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 執行役社長交代について (PDF)”. 日立製作所. 2018年3月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 別紙 役員略歴 (PDF)”. NEDO. 2018年3月3日閲覧。
  3. ^ a b 組織の状況 (PDF)”. NEDO. 2018年3月3日閲覧。
  4. ^ 古川一夫”. 企業家人物辞典. 2018年3月3日閲覧。
  5. ^ 日立、「復活のキーマン」がCEOを譲った理由復活後の調整局面をどう乗り切るのか東洋経済オンライン2016/02/05
  6. ^ “日立・古川元社長、特別顧問を退任”. 日本経済新聞社. (2011/9/16付). https://www.nikkei.com/article/DGXNZO34862880W1A910C1TJ2000/ 2018年3月3日閲覧。 
  7. ^ 2013年度功績賞受賞者の紹介”. 情報処理学会. 2018年3月3日閲覧。
  8. ^ 古川一夫君”. 情報処理学会. 2018年3月3日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
庄山悦彦
日立製作所社長
2006年 - 2009年
次代:
川村隆