宮本洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮本 洋一(みやもと よういち、1947年5月16日 - )は、日本の実業家。2007年6月より清水建設代表取締役社長を務めている。日本国際フォーラム顧問。東京都出身[1]

略歴[編集]

1947年5月16日、静岡県沼津市で生まれた。4歳の時に東京都杉並区に引っ越した。このころは泣き虫であったという。小学校5年の時に岐阜県に転校、スパルタ方式の小学校担任の指導で強くなった[2]

1966年、東京都立日比谷高等学校を卒業、1971年6月、東京大学工学部建築学科内田祥哉研究室に在籍[3])を卒業し、同年7月清水建設へ入社した。横浜営業所に配属された彼は、現場からたたき上げの所長の下で毎日のように残業、休日出勤を行った[4]

清水建設建築本部長[5]、耐震営業推進室長、名古屋支店副支店長、首都圏事業本部東京支店副支店長、北陸支店長、九州支店長、常務執行役員、専務執行役員を歴任し、2007年6月、同社取締役社長に就任した[1]

2008年、ものづくり推進室を設置した[6]

2012年、ミャンマーヤンゴン事務所を13年ぶりに再開している[7]

2013年2月22日、日本建設業連合会の理事会で、同年4月より土木本部長に就任することが内定した[8]

備考[編集]

  • 建設業を選んだのは、衣食住に関する仕事はなくならず、仕事にあぶれることはないと思ったからである。
  • 白石達大林組社長)、初見学東京理科大学教授)は東大の同期にあたる[3][9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 野崎稚恵ほか『清水建設』(リーディング・カンパニー・シリーズ)出版文化社新書 2008 - 宮本のインタビューが掲載されている。

外部リンク[編集]