石原邦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石原 邦夫(いしはら くにお、1943年昭和18年)10月17日 - )は、日本の実業家東京海上日動火災保険相談役、経団連副会長、日米経済協議会会長、東京急行電鉄監査役、日本郵政社外取締役、国土審議会会長代理、日本情報システム・ユーザー協会会長。東京海上ホールディングス及び東京海上日動火災保険の初代社長・会長や日本損害保険協会会長、経済同友会副代表幹事、三菱東京UFJ銀行取締役、NHK経営委員会委員長などを歴任。

来歴・人物[編集]

満州鉱山勤務の父と母の一人っ子として新京市に生まれる。生後間もなく東京都に転居し、麹町小学校麹町中学校都立日比谷高校を経て、東京大学法学部を卒業。東大の同期には元公明党代表神崎武法シンガーソングライター小椋佳がいた。大学卒業後、東京海上火災保険(現・東京海上日動火災保険)に入社。2001年(平成13年)には同社社長に就任した。東京海上火災保険は日動火災海上保険と経営統合し、2002年(平成14年)にその持ち株会社であるミレアホールディングス(現・東京海上ホールディングス)社長に就任し、2004年(平成16年)からは持ち株会社傘下の東京海上日動火災保険社長を兼務。在任中は、経営統合に伴うシステム統合を経営トップとして率いた。2007年(平成19年)からは両社会長を兼務し、後に相談役となった。この間、業界再編の推進役として日本損害保険協会会長を務める一方、NHK経営委員会委員長として当時一連の不祥事により批判が相次いでいたNHKの経営立て直しを任される。また、2012年(平成24年)には経団連副会長に就任した。

略歴[編集]

千代田区立麹町小学校千代田区立麹町中学校東京都立日比谷高等学校卒業

脚注[編集]

  1. ^ https://www.japanpost.jp/corporate/officers/index06.html

外部リンク[編集]

先代:
須田寛
日本放送協会経営委員会
委員長
2004-2007
次代:
古森重隆