ジョン・ロックフェラー4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェイ・ロックフェラー
Jay Rockefeller
Jay Rockefeller official photo.jpg
生年月日 (1937-06-18) 1937年6月18日(84歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of New York City.svg ニューヨーク州ニューヨーク
出身校 ハーバード大学学士
国際基督教大学留学
イェール大学
現職 政治家
大学管理者
所属政党 共和党(1966年まで)
民主党(1966年以降)
配偶者 シャロン・パーシー・ロックフェラー
子女 ジョン・D・ロックフェラー5世
ヴァレリー・ロックフェラー
チャールズ・ロックフェラー
ジャスティン・ロックフェラー
サイン Jay Rockefeller Signature.svg
公式サイト [www.rockefeller.senate.gov ]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of the United States Senate.svg 上院議員
選挙区 ウェストバージニア州
在任期間 1985年1月15日 - 2015年1月3日

Flag of West Virginia.svg ウェストバージニア州
29代目知事
在任期間 1977年1月17日 - 1985年1月14日
州務長官 アントニオ・ジェームズ・マンチン

Flag of the United States Senate.svg アメリカ合衆国上院
通商科学交通委員会委員長
在任期間 2009年1月3日 - 2015年1月3日
上院議長 ディック・チェイニー
ジョー・バイデン

Flag of the United States Senate.svg アメリカ合衆国上院
情報問題特別調査委員会委員長
在任期間 2007年1月3日 - 2009年1月3日
上院議長 ディック・チェイニー

Flag of the United States Senate.svg アメリカ合衆国上院
退役軍人問題委員会委員長
在任期間 1993年1月3日 - 1995年1月3日
2001年1月3日 - 2001年1月20日
2001年6月6日 - 2003年1月3日
上院議長 アル・ゴア
ディック・チェイニー

その他の職歴
Flag of West Virginia.svg ウェストバージニア州
22代目州務長官

(1969年1月13日 - 1973年1月15日)
Flag of West Virginia.svg ウェストバージニア州
下院議員

(1967年1月 - 1968年1月)
テンプレートを表示

ジョン・デイヴィソン "ジェイ" ロックフェラー4世John Davison "Jay" Rockefeller IV, 1937年6月18日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。ロックフェラー家の一員であり、1977年から1985年までウェストバージニア州知事、1985年から2015年まではウェストバージニア州選出の上院議員を務めた。2017年の叔父デイヴィッド・ロックフェラー死後はロックフェラー家の家長を務めている。

経歴[編集]

1937年6月18日にニューヨーク州ニューヨークで誕生する。石油王ジョン・ロックフェラーの曾孫であり、ネルソン・ロックフェラー元副大統領は叔父である。直系の子孫だが、長年傍系の一族に追いやられていた。彼は1954年にフィリップス・エクセター・アカデミーを卒業し、ハーバード大学で東洋の歴史及び言語を学び1961年に卒業し、東京国際基督教大学で日本語を3年間学んだ。7年間東洋言語を学んだが、実際に中国語や日本語を話せる訳では無い。

大学卒業後にロックフェラーはワシントンD.C.で平和部隊で働き、最大の海外事業であるフィリピンでの計画の監督を務めた。

彼は1976年にウェストバージニアの知事に選出され、1980年に再選された。1984年には上院議員に選出され、1990年・1996年・2002年に再選される。彼は退役軍人委員会・情報特別委員会の委員長を務め、現在は上院通商科学交通委員会委員長である。

1967年にロックフェラーはチャールズ・パーシー上院議員(在任期間:1967-1985 1981-1985、外交委員長)の娘シャロン・パーシーと結婚した。夫妻は四人の子供がいる。ジョン、ヴァレリ、チャールズ及びジャスティン。ロックフェラー一家はウェストバージニア州チャールストンに在住である。

2013年に旭日大綬章を受章した。

その他[編集]

小沢一郎著『Blueprint for a New Japan 英文版 日本改造計画』(講談社インターナショナル、1994年7月)には、ジョン・ロックフェラー4世による序文がある。

エピソード[編集]

国際基督教大学に留学中は数人の日本人と同居していたが、彼らが語ったエピソードは以下の通りである。

  • 圧力をかけるのが好き:外務大臣がロックフェラーに会うために訪ねてきた。
  • 偏食家:フランスの高級菓子店のカタログを見ていて「食べたい!」と思ったロックフェラーは、同居人に「僕の名義でこの店に手紙を出してくれ」といって手紙を書かせた。その同居人は半信半疑ながらも言われたとおりにしたら、数日後本当に大量の洋菓子が空輸されてきた。
  • 便所掃除が好き:同居している日本人を誘って遊びに行こうとしたところ、便所掃除があるからと断られたが率先して手伝い時間を作ったりする素養も持ち合わせている。ロックフェラー家の習わしで、夏休みには必ず実家の牧場で馬糞の処理から馬糞を堆肥とする環境に優しい農作業などの下働きをして培われたものとのこと。
  • 喧嘩が好き:ロックフェラーが日本を発つ前日のお別れパーティーで同居していた日本人達が彼へプレゼントしたものは「喧嘩すること」だった。これはロックフェラーに男兄弟がいなかったので、喧嘩というものを一度してみたかったという話のため。後に本人もこれが最高の思い出だと語っている。ロックフェラーに気に入られたい人は、容赦無しに喧嘩を行わなければならない。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ロバート・D・ベイリー・ジュニア
ウェストバージニア州州務長官
1968年 - 1972年
次代:
エドガー・F・ハイスケル三世
先代:
アーク・A・ムーア・ジュニア
ウェストバージニア州知事
1977年 - 1985年
次代:
アーク・A・ムーア・ジュニア
先代:
アラン・クランストン
上院退役軍人問題委員会委員長
1993年 - 1995年
次代:
アラン・シンプソン
先代:
アーレン・スペクター
上院退役軍人問題委員会委員長
2001年 - 2003年
次代:
アーレン・スペクター
先代:
パット・ロバーツ
上院情報問題特別調査委員会委員長
2007年 - 2009年
次代:
ダイアン・ファインスタイン
先代:
ダニエル・イノウエ
上院通商科学交通委員会委員長
2009年 - 現在
現職
アメリカ合衆国上院
先代:
ジェニングス・ランドルフ
アメリカ合衆国の旗 ウェストバージニア州選出上院議員(第2部)
1985年 - 現在
同職:ロバート・バードカート・グッドウィンジョー・マンチン
現職
儀礼席次
先代:
ミッチ・マコーネル
R-ケンタッキー州
アメリカ合衆国の儀礼席次
16番
次代:
バーバラ・ミクルスキー
D-メリーランド州