アシュトン・カーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アシュトン・カーター
Ashton Carter
Ash Carter DOD Secretary Portrait.jpg
Ashton Carter
生年月日 (1954-09-24) 1954年9月24日(62歳)[1]
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州フィラデルフィア
出身校 イェール大学
オックスフォード大学
所属政党 民主党
配偶者 ステファニー・カーター

在任期間 2015年2月17日 - 2017年1月20日
大統領 バラク・オバマ

在任期間 2011年10月6日 - 2013年12月3日
大統領 バラク・オバマ

在任期間 2009年4月27日 - 2011年10月5日
大統領 バラク・オバマ
テンプレートを表示

アシュトン・カーター英語: Ashton Baldwin "Ash" Carter1954年9月24日 - )は、アメリカ合衆国物理学者政治家。第25代アメリカ合衆国国防長官。2009年4月から2011年10月まで米国防次官(調達・技術・兵站 (AT&L) 担当)、2011年10月から2013年12月までは米国防副長官をつとめた。

経歴[ソースを編集]

1954年、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ[1]。1976年イェール大学物理学中世史を専攻して卒業後、ローズ奨学金を得て英オクスフォード大学に留学し、1979年理論物理学の博士号を取得して卒業した[1][2]。その後、ハーバード大学ケネディ行政大学院科学・国際関係ベルファー・センターのグレアム・アリソンによれば「科学技術が国際関係・国際問題の推進力になり、ときにはその解決策ともなりうる」ことを見出し、防衛政策などに興味をもつようになる[3]

1980年からは連邦議会技術評価局  (Office of Technology Assessment、81年からはアメリカ合衆国国防長官府アナリストの職に就く[1]。1982年から1984年まではマサチューセッツ工科大学CISのリサーチフェロー、その後1984年にハーバード大学ケネディ行政大学院科学・国際関係センター(現 Belfer Center for Science and International Affairs )助教授となり、1986年には同センター准教授、1988年には教授に昇進。1990年には同センターの所長に就任した[1]

第1期クリントン政権下の1993年から1996年まで、ウィリアム・J・ペリー国防長官の下で国防次官補(国際安全保障政策担当) (Assistant Secretary of Defense for Global Strategic Affairsをつとめ[1]、特に1994年の第1次北朝鮮核危機ではその対応において中心的な役割を果たした[3]

政権から離れていた2006年、ワシントン・ポスト紙にペリー元長官と共同で "If Necessary, Strike and Destroy (必要なら、攻撃し破壊せよ)"と題する論文を寄稿、北朝鮮に対する先制攻撃論を主張した [4]

2009年4月から2011年10月まで米国防次官(調達・技術・兵站担当) (Under Secretary of Defense for Acquisition, Technology and Logistics、2011年10月から2013年12月まではアメリカ合衆国国防副長官を務めた[1]。2014年12月5日、バラク・オバマ大統領によりアメリカ合衆国国防長官に指名され[5]、2015年2月17日にアメリカ議会での承認を経て正式に就任した[6]

人物[ソースを編集]

クリントン政権下での上司にあたるウィリアム・J・ペリー元国防長官は、カーターについて「タカ派とは言わないが、アメリカの力で何ができるかについてはかなり強気で人にゆずらないところがあり、適切だと判断した場合はその力の行使も辞さないだろう」と述べている[3]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]


公職
先代:
ジョン・ヤング・ジュニア
アメリカ合衆国国防次官(AT&L担当)
2009年4月27日 - 2011年10月5日
次代:
フランク・ケンドール3世
先代:
ウィリアム・J・リン3世
アメリカ合衆国国防副長官
2011年10月6日 - 2013年12月3日
次代:
クリスティン・フォックス(代行)
先代:
チャック・ヘーゲル
アメリカ合衆国国防長官
2015年2月17日 - 2017年1月20日
次代:
ジェームズ・マティス