ディック・チェイニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディック・チェイニー
Dick Cheney
Richard Cheney 2005 official portrait.jpg
生年月日 (1941-01-30) 1941年1月30日(75歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ネブラスカ州リンカーン
出身校 イェール大学中退
ワイオミング大学政治学専攻卒業
ワイオミング大学大学院政治学専攻修士課程修了
所属政党 共和党
配偶者 リン・チェイニー(1964 - )
子女 リズ・チェイニー
メアリー・チェイニー
サイン Dick Cheney Signature.svg

アメリカ合衆国の旗 第46代副大統領
在任期間 2001年1月20日 - 2009年1月20日
大統領 ジョージ・W・ブッシュ

アメリカ合衆国の旗 第17代国防長官
在任期間 1989年3月21日 - 1993年1月20日
大統領 ジョージ・H・W・ブッシュ
テンプレートを表示

リチャード・ブルース・"ディック"・チェイニー[1]Richard Bruce "Dick" Cheney1941年1月30日 - )は、アメリカ政治家実業家下院議員、国防長官副大統領を歴任した。ウェールズ系アメリカ人でメソジスト。趣味は狩猟と釣り。

妻のリン・チェイニーは公職である全米人文科学基金会長を務めたこともあり、次女のメアリー・チェイニーレズビアンであることをカミングアウトしている。

来歴[編集]

ネブラスカ州リンカーンに生まれ、ワイオミング州キャスパーで育った。父母は農務省に勤務しており、熱烈なニューディーラーだった。イェール大学に数学期在籍したが中退し、その後、ワイオミング大学に編入学した。ワイオミング大学政治学専攻卒業、学士号取得。1966年、ワイオミング大学大学院政治学専攻修士課程修了、政治学修士号取得。更に、ウィスコンシン大学大学院博士課程に移り、同大学大学院博士課程政治学専攻時代に、当時のウィスコンシン州知事ウォーレン・ノールスのスタッフをつとめる。これが、チェイニーが政界との接点を持つきっかけとなる。

首席補佐官[編集]

リチャード・ニクソン政権では、大統領次席法律顧問を務め、ニクソンがウォーターゲート事件により辞任した後は、ジェラルド・フォード政権で史上最年少・34歳の若さでアメリカ合衆国大統領首席補佐官となる。

下院議員[編集]

フォード政権が野に下った後は、地元・ワイオミング州から下院選への出馬を決意。1978年の選挙では難しいとされながら当選を果たし、1989年まで6期つとめる。81年には当選2回ながら、首席補佐官時代の調整・政策立案能力を買われ№4の下院・政策委員長に就任。イラン・コントラ事件の事態収拾に尽力した。人種隔離政策を推進していた南アフリカピーター・ウィレム・ボータ政権には融和的で、86年の同国に対する制裁法案には反対票を投じている。89年には共和党下院院内幹事をつとめていたトレント・ロットの上院鞍替えに伴い院内幹事に就任。将来の院内総務、共和党の過半数奪回後の下院議長は確実と見られていた。

国防長官[編集]

ロナルド・レーガンの後継となったジョージ・H・W・ブッシュは、国防長官に当初ジョン・タワー元上院議員を指名していた。しかしながら、その後タワーに女性・飲酒問題が浮上し議会で同人事案が否決。当時は民主党が上下両院で過半数を占めていたため、調整能力のあるチェイニーが代わって浮上。89年3月に正式に国防長官に就任する。1990年8月にイラククウェート侵攻クウェートをイラクの19番目の県として併合)が行われると、イラク軍のクウェートからの撃退の為、隣国・サウジアラビアとの関係強化を図り、中央軍・第3軍の駐留に合意。翌年1月の湾岸戦争を、ノーマン・シュワルツコフコーリン・パウエルらと主導した。

ハリバートン[編集]

アメリカのハリバートン社の経営にも1995年-2000年までCEOとして参加していた。ハリバートンは世界最大の石油掘削機の販売会社であり、イラク戦争後のイラクの復興支援事業や、アメリカ軍関連の各種サービスも提供していることから、湾岸戦争とイラク戦争で巨額な利益を得た。なおチェイニーは、この会社の最大の個人株主でもある。

ジョージ・W・ブッシュ政権[編集]

2000年の大統領選挙前にジョージ・ウォーカー・ブッシュ(当時テキサス州知事)から副大統領候補を検討する委員長に任じられるも自らを推薦して次期副大統領となり、政権移行チームでも責任者となって閣僚人事を掌握した[2]。同年の大統領選の討論会では論争に強くないブッシュがアル・ゴアも前に劣勢を強いられたが、チェイニーは反対にケンタッキー州で行われた10月の討論会でジョー・リーバーマン上院議員を論破。また、同選挙戦の際にユーゴスラビアではブルドーザー革命が勃発し、スロボダン・ミロシェビッチ政権が崩壊に至ったが、ブッシュ・チェイニーは両名とも米国は基本的に静観の構えを採るべきであり、影響力を有するロシアの仲介を重視すべきだとしており、後の介入主義的な姿勢は見せなかった。

2001年、ブッシュ政権の成立により第46代アメリカ合衆国副大統領となる。アメリカ同時多発テロ事件直後は政府存続計画を実行[3][4][5]して大統領危機管理センターなどの政府施設に避難し[6][7]、アメリカ史上初とされる「影の政府」を組織した[8]小泉純一郎首相との会談をこなしたり、フロリダ州立大学の卒業式に参加したりと多忙な日々を送る。フォード、子ブッシュ両政権で、国防長官であったドナルド・ラムズフェルドと30年以上もの師弟関係にある。

2005年10月から、側近中の側近である副大統領首席補佐官兼大統領補佐官[9]ルイス・リビーイラク戦争に批判的だったジョゼフ・ウィルソンの妻ヴァレリー・プレイム中央情報局(CIA)工作員であると身元を漏洩したとしてアメリカの連邦大陪審が起訴し、更に副大統領も情報漏洩に関与されている疑いが持たれている。

2007年2月20日より訪日し、時の首相・安倍晋三や外相・麻生太郎と会談(当時第1次安倍内閣)。外交、国防政策に関して意見を交わすが、久間章生防衛大臣との会談は行わず、在日アメリカ軍横須賀海軍施設自衛官(制服組)トップの齋藤隆統合幕僚長を始めとする自衛官幹部と会談した。自衛隊は「日程の都合」と説明した。また、横須賀港では空母キティホークにアメリカ軍の兵士を集め、「アメリカ国民は(イラクからの)撤退を支持しない」と演説した。また、ジャーナリスト青木直人須田慎一郎の取材によると、同会談の際、チェイニーは拉致問題に対する落し所(つまりは、同問題の解明・解決と核開発の放棄を包括的に解決すべきとする日本政府の政策転換を要求したもの)を安倍に迫ったという。しかし北朝鮮は2009年5月25日に2度目の実験を実施した。

時折心臓発作で入院することもあるが、精力的に活動する。そのため在任中は、「史上最強の副大統領[10]と呼ばれ、或いはカール・ローヴとともに「影の大統領[11][12][13][14][15]ともあだ名された。チェイニーは就任当初から自らの大統領への野心を否定し続けてきたが、そのことによりブッシュの篤い信頼を勝ち得、政権内で絶対的な№2の地位を維持し続けた。また、万が一の時に備えて自らのペースメーカーにもテロ対策を施していた[16]

一方で民主党への政権交代が決定した後の2008年12月、CNNが行った世論調査によればチェイニーが副大統領としての能力に劣っているとの回答が41%を占めた他、「史上最悪の副大統領」だとする意見が23%にのぼった[17]

2009年7月、極秘の対テロ作戦実行を、議会には隠すようCIAに指示していた事が発覚[18]

政治姿勢[編集]

アメリカ新世紀プロジェクトのメンバーでブッシュ政権内では「ネオコン政治家の要石の1人」であり、湾岸戦争時にはフセイン政権転覆に反対していた[19]ことなどからネオコン第1世代のように左派からの転向ではなくて保守からの転向と評される[20]アメリカ同時多発テロ以降、ブッシュ政権の強硬な武断政策は、チェイニーの意見が大きく働いているとされる。

イラク戦争については、開戦前にアルカーイダとフセイン政権との関連性を示す発言を行い、「証拠もある」としていたが、開戦から5年以上経た現在でも明確な証拠は提示されていない。

バラク・オバマ大統領の外交方針については、たびたびオバマが「戦争を終わらせつつある」と語りながら、実際には2014年6月にイスラム教スンニ派の武装組織イラクとシャームのイスラーム国イラク首都バグダッドに迫っていることなどを挙げ、「オバマ大統領は過去に背き、自由を浪費した男として名前を残そうとしている」と批判している[21]

持病[編集]

チェイニーは、37歳の頃から心臓病の持病を抱えており、副大統領在任中までに5回もの心臓発作を起こしており、1988年にはバイパス手術を受けた経緯がある。

  • 2010年6月、ワシントンD.Cの病院で冠動脈疾患の治療を受けた。
  • 2010年7月、バージニア州内の病院で心臓に補助ポンプを埋め込む手術を受けた。経過は良好で8月の第1週に退院した。

家族[編集]

  • 高校時代からの恋人だったリン・アン・ヴィンセントと結婚し、リズメアリーの2人の娘と6人の孫がいる。
  • 次女メアリーが同性愛者であることを公表し、イラクの反戦運動にも参加した。なお、共和党は道徳価値として反同性愛を掲げているが、ブッシュは副大統領候補指名に際してこの件を特に問題とはしなかった。メアリーは2007年と2009年に人工授精で二子を出産した。女性のライフパートナー(伴侶)であるヘザー・ポーと育てている。

その他[編集]

  • 若い頃、飲酒運転による逮捕歴がある。ブッシュも同じ容疑での逮捕歴があることから、正副大統領で飲酒運転による逮捕歴があることになる。
  • 保守タカ派の一人として知られるが、兵役を留学や結婚を理由に何度も拒否しているため、チキンホークの1人として非難されることがある。
  • 妻のリン・チェイニーが以前から歌手のエミネムを非難していたことから、近年はエミネムがチェイニーの妻と共にディック・チェイニーを非難する曲を発表している。
  • 2006年2月11日には狩猟中に友人の弁護士を誤射し重傷を負わせる事故を起こした。この事故に関して、マスメディアに情報が漏れるまで公表しなかった。なおこの時に酩酊状態であったと報道されている。このニュースは、全米で瞬く間にジョークのネタとなり、ブッシュ大統領も「どんな厳しい前途があったとしても、私はレームダック(死に体)にはならないよ。チェイニー副大統領に足を撃たれない限りね」とジョークを飛ばした。
  • 口癖は『fuck』やそれに類する表現であり、議会で激高して叫んだ姿がテレビ中継にものったことがある。
  • エドワード・スノーデン2013年6月17日に行われた英紙ガーディアンネットフォーラムで、オバマを批判する一方で、自分を裏切り者と呼んだチェイニーについては激しい言葉は使わず、「ディック・チェイニーに裏切り者と呼ばれるのは米国民にとって最高の名誉だ」と書いた。
  • 2009年1月20日に行われたバラク・オバマの第44代大統領就任式へは、車いすに乗り出席した。これは前日の1月19日に、新居への引っ越し作業を行っていた際に背中を痛めてしまったことが原因である。

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マスメディアではチェイニー['tʃeɪni]と発音されるが、彼自身や一族はチーニ['tʃi:ni]と発音している。Cheney Holds News Briefing with Republican House Leaders, Aired on CNN December 5, 2000における本人の言によると、生まれ育った西部ではチーニであり、東部ではチェイニーと呼ばれる傾向があったが、本人はどちらで呼ばれても構わないとのこと。日高義樹は原音に忠実にチーニと表記している。
  2. ^ バートン・ゲルマン/加藤祐子訳『策謀家チェイニー 副大統領が創った「ブッシュのアメリカ」』第1章「とても短い候補者リスト」、朝日新聞出版朝日選書〉、2010年10月
  3. ^ NOTE: On the Audio Commentary with Historical Figures during Scene 17 (c 1:12) of the Thirteen Days DVD, the commentator states that President Eisenhower ran the U.S. government outside of Washington for four days in 1956.
  4. ^ Gellman, Barton; Schmidt, Susan (2002年3月1日). “Shadow Government Is at Work in Secret; After Attacks, Bush Ordered 100 Officials to Bunkers Away From Capital to Ensure Federal Survival”. http://pqasb.pqarchiver.com/washingtonpost/109965333.html?did=109965333&FMT=ABS&FMTS=FT&date=Mar+1%2C+2002&author=Barton+Gellman+and+Susan+Schmidt&pub=The+Washington+Post&desc=Shadow+Government+Is+at+Work+in+Secret%3B+After+Attacks%2C+Bush+Ordered+100+Officials+to+Bunkers+Away+From+Capital+to+Ensure+Federal+Survival 
  5. ^ “The Shadow Government”. CBS News. (2002年3月2日). http://www.cbsnews.com/stories/2002/03/02/attack/main502695.shtml 
  6. ^ Tom Vanderbilt. "Is this Bush's secret bunker?". The Guardian, August 28, 2006.
  7. ^ Raven Rock Underground Command Center (Site R)
  8. ^ Gellman, Barton and Schmidt, Susan. "Shadow Government Is at Work in Secret". Washington Post, March 1, 2002.
  9. ^ “Lewis "Scooter" Libby”. www.scooterlibby.com. http://www.scooterlibby.com/bio/ 2016年11月19日閲覧。 
  10. ^ “呆れるほど揺るがない「チェイニーの影響力」”. 新潮社フォーサイト. (2006年4月). http://www.fsight.jp/articles/print/2586 2016年11月19日閲覧。 
  11. ^ “The Shadow President”. ニューヨーク・タイムズ. (2008年10月12日). http://www.nytimes.com/2008/10/12/books/review/Heilbrunn-t.html 2016年11月20日閲覧。 
  12. ^ “Who's Really President?”. Slate. (2001年7月6日). http://www.slate.com/articles/news_and_politics/politics/2001/07/whos_really_president.html 2016年11月20日閲覧。 
  13. ^ Vice: Dick Cheney and the Hijacking of the American Presidency with Jake Bernstein (Random House, 2006) ISBN 1-4000-6576-3
  14. ^ Vice: Dick Cheney and the Hijacking of the American Presidency with Jake Bernstein (Random House, 2006) ISBN 1-4000-6576-3
  15. ^ Vice : Dick Cheney and the hijacking of the American presidency”. スタンフォード大学. 2016年11月20日閲覧。
  16. ^ >“「心臓へのハッキング攻撃」を恐れた元米国副大統領”. WIRED.jp (CNN). (2013年10月28日). http://wired.jp/2013/10/21/dick-cheney-altered-implanted-heart-device-to-prevent-terrorist-hack-attacks 2014年10月23日閲覧。 
  17. ^ “チェイニー氏、世論調査で米史上最悪の副大統領に”. CNN.co.jp (CNN). (2008年12月23日). オリジナル2009年1月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090122072419/http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200812230006.html 
  18. ^ 「前副大統領の指示認める=対テロ戦隠ぺい、調査を」時事通信
  19. ^ Pope, Charles (2004年9月29日). “Cheney changed his view on Iraq”. Seattle Post Intelligencer. http://www.seattlepi.com/national/192908_cheney29.html 2010年10月26日閲覧。 
  20. ^ David T. Payne,"Time for Cheney to go", Enter Stage Right, July 12, 2004.
  21. ^ DICK CHENEY; LIZ CHENEY (2014年6月18日). “【寄稿】崩壊するオバマ大統領の外交政策=チェイニー元副大統領”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303350404579631882689879224 2014年7月12日閲覧。 

関連項目[編集]