ジャン=イヴ・ル・ドリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン=イヴ・ル・ドリアン
Jean-Yves Le Drian
Rennes - 6 mai 2012 JY Le Drian-02 (cropped).JPG
生年月日 (1947-06-30) 1947年6月30日(70歳)
出生地 フランスの旗 フランス
モルビアン県ロリアン
出身校 レンヌ第2大学
前職 歴史学者
所属政党 社会党

内閣 第1次エドゥアール・フィリップ内閣
第2次エドゥアール・フィリップ内閣
在任期間 2017年5月17日 - 現職
大統領 エマニュエル・マクロン

内閣 第1次ジャン=マルク・エロー内閣
第2次ジャン=マルク・エロー内閣
第1次マニュエル・ヴァルス内閣
第2次マニュエル・ヴァルス内閣
ベルナール・カズヌーヴ内閣
在任期間 2012年5月16日 - 2017年5月10日
大統領 フランソワ・オランド

当選回数 2回
在任期間 2004年4月2日 - 2012年6月29日

当選回数 3回
在任期間 2015年12月18日 - 2017年6月2日

選挙区 モルビアン県第5選挙区
当選回数 5回
在任期間 1978年4月3日 - 1986年4月1日
1988年6月23日 - 1991年4月1日
1997年6月12日 - 2007年6月19日

その他の職歴
設備・住宅・運輸・宇宙大臣付
海洋担当副大臣

1986年4月2日 - 1988年5月14日
テンプレートを表示

ジャン=イヴ・ル・ドリアンフランス語: Jean-Yves Le Drian1947年6月30日 - )は、フランス政治家フランス社会党所属。フランソワ・オランド大統領の下で全内閣国防大臣を一貫して務め[1][2]、後任のエマニュエル・マクロン大統領の下で外務大臣を務める。

経歴・概要[編集]

1947年6月30日、モルビアン県ロリアンに労働者階級の家庭に生まれる。両親は、青年キリスト教労働者(Jeunesse ouvriere chretienne、JOC)の活動家でもあった。ル・ドリアンは、レンヌ第2大学に学び、在学中、フランス全国学生連合(Union Nationale des Etudiants de France、UNEF)で活動した[3]1974年フランス社会党に入党する。1977年ロリアン市の助役に就任する。1981年から1998年までロリアン市長。1991年エディット・クレッソン内閣で海洋担当相。2004年ブルターニュ地域圏議会選挙では社会党、フランス共産党左翼急進党緑の党、ブルターニュ民主連合が結成した左翼連合「ブルターニュ左翼、ブルターニュのために」(Bretagne à gauche, Bretagne pour tous)の名簿1位に掲載された。選挙では58.66パーセントを獲得し、同地域圏議会議長に就任した。2010年欧州周辺海洋地域会議議長[4]

2012年フランス大統領選挙で社会党のフランソワ・オランドが勝利し、ジャン=マルク・エロー内閣が成立すると、国防大臣に就任した[4]。以後、オランド政権下の全内閣で国防相を務め、アフガニスタンからのフランス軍の撤退やマリ北部紛争へのフランス軍の配備・展開に当たった。

2017年、フランス大統領選挙の勝利により大統領に就任したエマニュエル・マクロン政権では外務大臣に任命された[5]

脚注[編集]

  1. ^ (フランス語) Actualité – Personnalité – Jean-Yves Le Drian”. ル・ポン誌. 2013年6月3日閲覧。
  2. ^ (英語) Jean-Yves LE DRIAN”. 欧州委員会 (2011年1月25日). 2014年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  3. ^ (フランス語) Actualité – Personnalité – Jean-Yves Le Drian”. ル・ポン誌. 2013年6月3日閲覧。
  4. ^ a b “Jean-Yves Le Drian is the new French Minister for Defence”. Conference of Peripheral Maritime Regions of Europe. (2012年5月18日). オリジナル2013年4月14日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130414150526/http://news.cpmr.org/uncategorized/jean-yves-le-drian-is-the-new-french-minister-for-defence/ 2013年1月20日閲覧。 
  5. ^ “外相にルドリアン氏=閣僚人事発表-仏大統領”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2017年5月17日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051701246&g=int 2017年5月17日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジャン=マルク・エロー
外務・国際開発大臣
フランスの旗 ヨーロッパ・外務大臣
第五共和政第24代:2017年 -
現職
先代:
ジェラール・ロンゲ
国防・退役軍人大臣
フランスの旗 国防大臣
第五共和政第22代:2012年 - 2017年
次代:
シルヴィー・グラール
軍事大臣
先代:
ジャック・メリックフランス語版
運輸・海洋大臣付
海洋担当大臣
フランスの旗 設備・住宅・運輸・宇宙大臣付
海洋担当副大臣

1991年 - 1992年
次代:
シャルル・ジョスランフランス語版
設備・住宅・運輸大臣付
海洋担当副大臣
先代:
ジャン・ラガルド
ロリアン市長
1981年 - 1998年
次代:
ノルベール・メテリーフランス語版
先代:
ピエリック・マシオフランス語版
ブルターニュ地域圏の旗 ブルターニュ地域圏知事
2015年 - 2017年
次代:
ロイグ・シェネ=ジラールフランス語版