WS-15 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渦扇-15(中国語: 涡扇-15、ウーシャン(wō shàn)-15、略称WS-15)は、第5世代ジェット戦闘機ステルス戦闘機)であるJ-20に搭載するために中国瀋陽航空エンジン研究所英語版(606研究所)と西安航空エンジン公司英語版が開発しているターボファンエンジンである[1]。2020年には完成予定で実際にJ-20に搭載して試験飛行を実施する予定である[2]

概要[編集]

WS-15は1990年代初頭に開始されたとされる[3]

2009年12月頃にはネット上でエンジンコアとみられる画像が見られるようになり[4]2012年からはテストの実行を進めている[5][6]

性能は、不明なところが多いが目標とする最大推力は180 kN (40,500 lbf)とされ、2009年に行われた試験ではプロトタイプが160 kN (36,000 lbf)の推力を達成したとされる[4]

SF-A[編集]

エンジンコアを流用した高バイパス型。2009年11月3日に開催された中国国際産業フェアのプレショーで初めて公開された[7][8]。推力は13トン。開発中で、Y-20輸送機C919旅客機に搭載される予定である[9]。2016年に完成予定[9]

搭載機[編集]

脚注[編集]

  1. ^ China Aerospace Propulsion Technology Summit (2012), Galleon (Shanghai) Consulting Co., Ltd., p. 2.
  2. ^ 中国2020年完成涡扇15研制
  3. ^ ANALYSIS: Can China break the military aircraft engine bottleneck?
  4. ^ a b Fisher Jr, Richard (December 30th, 2009). October Surprises In Chinese Aerospace, International Assessment and Strategy Center
  5. ^ 戦闘機J20開発で課題 WS-15エンジンをテスト中
  6. ^ http://news.ifeng.com/mil/2/detail_2014_03/02/34338058_0.shtml 中国国防预算将增长10% 或宣布发动机两个专项]
  7. ^ 中国C919大飞机所配国产SF-A发动机首度亮相(图)
  8. ^ C919 Chinese-made large aircraft equipped with
  9. ^ a b China Aerospace Propulsion Technology Summit (2013), Galleon (Shanghai) Consulting Co., Ltd., p. 3.

外部リンク[編集]