カレル・ドールマン級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カレル・ドールマン級フリゲート
Hr. Ms. Karel Doorman (1991).jpg
F-827「カレル・ドールマン」
艦級概観
艦種 フリゲート
艦名 人名
前級 コルテノール級
次級 ホラント級
性能要目
排水量 満載: 3,320トン
全長 122.3 m
全幅 14.4m
吃水 4.3m; 最大6.2m
機関 CODOG方式
ストーク-バルチラ12SWD280ディーゼルエンジン (4,225 bhp) 2基
SM1Aガスタービンエンジン (18,770 shp) 2基
可変ピッチ・プロペラ 2軸
速力 29ノット
航続距離 5,000海里 (18kt巡航時)
乗員 156名 (うち士官16名)
兵装 62口径76mm単装速射砲 1基
ゴールキーパー 30mmCIWS 1基
85口径20mm単装機銃 2基
Mk.48 mod.1 VLS 16セル
シースパロー短SAM
1基
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
324mm連装魚雷発射管 2基
艦載機 哨戒ヘリコプター 1機
C4I SEWACO VII戦術情報処理装置
レーダー LW-08 早期警戒用 1基
SMART-S 3次元式 1基
スカウト 対水上捜索用 1基
ラカル・デッカ1226 航海用 1基
STIR-18 射撃指揮用 2基
ソナー PHS-36 船首装備式 1基
DSBV-61 曳航式 1基
電子戦・
対抗手段
APECS-II/AR-700電波探知妨害装置
Mk.137 6連装デコイ発射機 2基
AN/SLQ-25 対魚雷デコイ装置

カレル・ドールマン級フリゲートオランダ語: Karel Doorman klasse fregatten, : Karel Doorman class frigate) は、オランダ海軍フリゲートの艦級。汎用フリゲート(Multipurpose-fregatten)を略してM級フリゲート: M-fregatten)とも呼ばれる[1][2][3][4]

来歴[編集]

本級の計画は、1978年より、ルーフディア級6隻の代替艦として着手されていた[5]。当初計画では、コルテノール級(S級)をスケールダウンした基準1,900トン・全長111.8メートルの小型フリゲートを4隻建造することとされていた。これらの艦は北海において平時の哨戒および水産保護にあたる予定であったが、同時に、コルテノール級(S級)とともに北大西洋対潜戦にあたることも想定されていた[3]

しかし後に計画は修正され、より大型のファン・スペイク級6隻の更新も兼ねることとなり、艦型は大型化し、建造数も倍増した。設計は1983年に認可され[5]、これらの建造は1984年に策定された10ヶ年艦隊整備計画に盛り込まれた[3]。まず1984年2月29日にルーフディア級の更新分となる前期建造分4隻が、続いて1986年4月10日にファン・スペイク級の更新分となる後期建造分4隻が発注された[2]。なおS級の建造終了後の造船所の仕事量を確保するため、発注は当初の計画より早められた。またファン・スペイク級は、本級のための予算を確保するため、早期退役を余儀なくされた[3]

設計[編集]

本級は、外洋域での作戦に堪える最低限の対潜護衛艦として設計されており[5]、当初計画よりもだいぶ大型化したとはいえ、コルテノール級(S級)よりは小さく、また性能的にもわずかに劣るものとなっている[2]。設計にあたっては、レーダー反射断面積(RCS)や赤外線輻射の低減によるステルス化、またNBC防護措置が導入された。減揺装置としては、従来のフィンスタビライザーにかわり、舵に減揺機能を組み込む方式とされている[4]

搭載艇としては複合艇3隻が搭載された。また海兵隊員30名の便乗に対応している[2][3]

艦型の縮小に伴い、巡航機はストーク-バルチラ12SWD280ディーゼルエンジン(4,225 hp/3.2 MW)、高速機もS級のオリンパスと比して出力は低いが燃費に優れたロールス・ロイス スペイSM1Aガスタービンエンジン(18,770 hp/14.0 MW)に変更され、CODOG方式で2軸の可変ピッチ・プロペラを駆動することとされた。また2番艦以降では、SM1Aにかわり、出力向上型のSM1C(24,485 hp/18.3 MW)が搭載され、1番艦でも後にバックフィットされた[2][3][4]

なお電源としては、出力650キロワットのディーゼル主発電機4基と、出力120キロワットのディーゼル非常発電機1基が搭載された[2][5]

装備[編集]

C4ISR[編集]

戦術情報処理装置は、新世代のSEWACO VIIが採用された。ただし開発の遅延から、ネームシップは戦術情報処理装置を搭載せずに就役しており、まず1992年1月より漸進的なSEWACO VII(A)が、また1994年中盤よりフルスペックのSEWACO VII(B)が装備化された[4]戦術データ・リンクとして、リンク10・11およびリンク 16に対応している[2][3]。またアメリカのAN/WSC-6をベースとした衛星通信装置も搭載されている[4]

レーダーとしては、当初、早期警戒用としてLバンドLW-08、目標捕捉用としてSバンドDA-08を搭載していた[2]。また1992年より、DA-08は3次元式SMART-Sに換装されていき、後の建造艦では当初よりこちらを搭載した[3]。また1997年には、低被探知性を備えた対水上捜索用レーダーであるスカウトが追加搭載された[4]

ソナーとしては7キロヘルツ級のPHS-36をバウ・ドームに収容して搭載した。また超低周波による長距離探知に対応したDSBV-61曳航ソナーも後日装備されており[2][3]、1994年までに全艦に搭載された[4]

武器システム[編集]

武器システムは、基本的にはコルテノール級(S級)に準じた能力であるが、一部で更新を図ったものとなっている。個艦防空ミサイル(短SAM)はS級と同じシースパローだが、S級では旋回・俯仰式のMk.29が用いられていたのに対し、本級では垂直発射式のMk.48 mod.1(16セル)に変更された。このVLSは、格納庫左側舷の甲板上にまとめられており、当初は剥き出しに搭載されていたが、後にステルス性や抗堪性の観点から、防護板が設置された[4]

艦砲はS級と同様に62口径76mm単装速射砲(76mmコンパット砲)を船首甲板に1基搭載する。また上部構造物後端部には、近接防空用として、GAU-8 30mmガトリング砲を用いたゴールキーパーCIWSも搭載されるほか、近距離用として20mm単装機銃も装備される。なお短SAMと艦砲は、戦術情報処理装置のサブシステムであるMWCS(Multi-Weapon Control System)による管制を受ける[5]。火器管制レーダーとしてはSTIR-18が2基搭載されている[2][3][4]

対艦兵器はアメリカ製のハープーン艦対艦ミサイル(SSM)、対潜兵器は後部上部構造物内に固定装備された324mm連装魚雷発射管(Mk.32 mod.9)およびMk.46 mod.5魚雷と、いずれもS級と同構成である[2][3][4]

船尾甲板は22×14.4メートルのヘリコプター甲板とされている。艦載機としてはリンクスSH-14D哨戒ヘリコプターが搭載された。また後に、より大型のNFH-90の運用にも対応したほか、チリ海軍ではクーガーを搭載している[4]

電子戦[編集]

電子戦装置としては、アメリカのアルゴ社(ARGOSystems)のAPECS-II/AR-700電波探知妨害装置が搭載された。これは電子戦支援用のAR-700電波探知装置と電子攻撃用のAPECS-II(Advanced Programmable Electonic Countermeasure System)電波妨害装置を統合したもので、後にポルトガル海軍ヴァスコ・ダ・ガマ級フリゲートギリシャ海軍イドラ級フリゲート韓国海軍広開土大王級駆逐艦でも採用された[6]。ただしAPECS-IIの開発遅延により、初期建造艦では後日装備となっている[3]

同型艦[編集]

このように、先進的な装備を小型の船体に搭載した本級であるが、低強度紛争に用いるには複雑化し、人員も数多く必要とすることから、15年未満の就役期間で海外への売却が進められ、2009年現在、オランダ海軍においては、2隻が残存するのみである。退役した6隻は、ベルギーチリポルトガルの各国海軍で運用を継続している。

 オランダ海軍 退役/再就役後
# 艦名 造船所 起工 進水 就役 退役 再就役先 # 艦名 再就役
F827 カレル・ドールマン
HNLMS Karel Doorman
ロイヤル・
シェルデ
1985年
2月26日
1988年
4月20日
1991年
5月31日
2006年  ベルギー海軍 F930 レオポルド1世
BNS Leopold I
2007年
3月29日
F828 ファン・スペイク
HNLMS Van Speijk
1991年
1月10日
1994年
3月26日
1995年
9月7日
 オランダ海軍で現役
F829 ウィレム・ファン・デル・ザーン
HNLMS Willem van der Zaan
1985年
11月6日
1989年
1月21日
1991年
11月28日
2006年
8月25日
 ベルギー海軍 F931 ルイーズ・マリー
BNS Louise-Marie
2008年
4月8日
F830 チェリク・ヒッデス
HNLMS Tjerk Hiddes
1986年
10月28日
1989年
12月9日
1992年
12月3日
2006年
2月3日
 チリ海軍 FF18 アルミランテ・リベロス
CNS Almirante Riveros
2007年
F831 ファン・アムステル
HNLMS Van Amstel
1988年
5月3日
1990年
5月19日
1993年
5月27日
 オランダ海軍で現役
F832 アブラハム・ファン・デル・フルスト
HNLMS Abraham van der Hulst
1989年
2月8日
1991年
9月7日
1993年
12月15日
2004年  チリ海軍 FF15 ブランコ・エンカラーダ
CNS Blanco Encalada
2005年
12月16日
F833 ファン・ネス
HNLMS Van Nes
1990年
1月10日
1992年
6月16日
1994年
6月2日
2008年  ポルトガル海軍 F333 バルトロメウ・ディアス
NRP Bartolomeu Dias
2009年
1月16日
F834 ファン・ハレン
HNLMS Van Galen
1990年
6月7日
1992年
11月21日
1994年
12月1日
2009年 F334 フランシスコ・デ・アルメイダ
NRP Francisco de Almeida
2010年
1月15日

売却後の各艦[編集]

2004年、「チェリク・ヒッデス」と「アブラハム・ファン・デル・フルスト」はチリ海軍に売却され、それぞれ「アルミランテ・リベロス」、「ブランコ・エンカラーダ」と命名されて再就役した。

2005年7月20日には、「カレル・ドールマン」と「ウィレム・ファン・デル・ザーン」がベルギー海軍に売却され、ブルガリアへの売却が提案されているウィーリンゲン級フリゲートの代艦として、それぞれ「レオポルド1世」、「ルイーズ・マリー」と命名されて再就役した。

2006年11月1日、「ファン・ネス」と「ファン・ハレン」がポルトガル海軍へ売却され、それぞれ「バルトロメウ・ディアス」、「フランシスコ・デ・アルメイダ」と命名されて再就役した。

参考文献[編集]

  1. ^ Richard Sharpe, ed (1989). Jane's Fighting Ships 1989-90. Janes Information Group. p. 387. ISBN 978-0710608864. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. pp. 377-378. ISBN 978-0870212505. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l Robert Gardiner, ed (1996). Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. pp. 269-278. ISBN 978-1557501325. 
  4. ^ a b c d e f g h i j k Stephen Saunders, ed (2009). Jane's Fighting Ships 2009-2010. Janes Information Group. p. 550. ISBN 978-0710628886. 
  5. ^ a b c d e ForecastInternational.com (2000年). “Karel Doorman Class - Archived 8/2001 (PDF)” (英語). 2017年8月11日閲覧。
  6. ^ Norman Friedman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. p. 565. ISBN 9781557502681. http://books.google.co.jp/books?id=l-DzknmTgDUC. 

外部リンク[編集]