STIR/STING

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
STIR
STIR Tracking and Illuination Radar Mounted on ROCN Lan Yang (FFG-935) 20141123.jpg
中華民国海軍「蘭陽」の艦橋構造物上に搭載されたSTIR-1.8
種別 追尾レーダー
目的 射撃指揮
開発・運用史
開発国 オランダの旗 オランダ
送信機
周波数 X/Kバンド
パルス 0.29 マイクロ秒
パルス繰返数 1,800 / 3,600 pps
送信尖頭電力 220 kW(Xバンド)
20 kW(Kバンド)
アンテナ
形式 パラボラアンテナ
(STIR:⌀1.8 m
STING:⌀1.2 m
STIR 240:⌀2.4 m)
ビーム幅 1.4度(Xバンド)
0.3度(Kバンド)
その他諸元
重量 1,700 kg(アンテナ)

STIR: Signaal Tracking and Illuminationg Radar)は、オランダのシグナール(Signaal: 現 タレス・ネーデルランド)社が開発した射撃指揮レーダー。また、小型艦向けに小型化されたSTINGも開発された。

概要[編集]

本機は、WM-20シリーズの追尾レーダーを独立させる形で開発された。アンテナが大型化されたことで追尾可能距離は延伸されており、1平方メートルのレーダー反射断面積をもつ目標であれば140キロメートル以上の距離でも追尾できる。これによりSTIRシリーズは、艦砲やシースパロー / アルバトロス個艦防空ミサイル(PDMS)だけでなく、より長射程のRIM-66 スタンダードMR艦隊防空ミサイルの射撃指揮にも用いることができるようになった。現在、もっとも新しいSTIR-IK Mk.2では、光学追尾装置とも連携している。

なお、WM-20シリーズの系譜に属するアメリカのMk.92 FCSもSTIR(Separate Target Illumination Radar)と称するレーダーを有するが、これは本機とは関係なく、アメリカ国産のAN/SPG-60の派生形である。

採用国と搭載艦[編集]

 アルゼンチン海軍
 カナダ海軍
※HCM/FELEX改修によりCEROS 200へ後日換装。
 チリ海軍
 コロンビア海軍
 ドイツ海軍
 ギリシャ海軍
 大韓民国海軍
 オランダ海軍
 ナイジェリア海軍
 ブルネイ海軍
 ペルー海軍
 ポルトガル海軍
 台湾海軍
 タイ海軍
 トルコ海軍
 オマーン海軍

参考文献[編集]

  • Thales (2008年). “STIR-IK Mk2 (PDF)” (英語). 2009年11月6日閲覧。