チリ海軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チリ海軍の紋章。なお軍艦旗チリ国旗と共通である。

チリ海軍西:Armada de Chile)はチリ海軍

概要[編集]

2009年時点の現役兵は約22,000人で、その9割が職業軍人である[1][2]フリゲート8隻、潜水艦4隻、ミサイル艇7隻などのほか、海軍航空隊50機と海兵隊を持つ。

歴史[編集]

チリの海上軍事力は、スペインからの独立戦争(1810~1826年)中に組織された。正式な軍隊として海軍が創設されたのは、チリが独立を宣言した1818年のことである。独立戦争中、チリ海軍は数度の海戦に勝利し、スペインからの鹵獲艦によってその初期戦力を整備していった。

1879年のイキケの海戦

1830年代後半のペルー・ボリビア連合との連合戦争スペイン語版英語版では、1839年1月12日のカスマの海戦(es)でペルー・ボリビア連合艦隊を撃破して制海権を確保し、チリの勝利に貢献した。1864年に起きたスペインとのチンチャ諸島戦争スペイン語版英語版では、1865年11月26日のパプードの海戦で、スペイン砲艦を拿捕する勝利を収めた。

1879年に勃発した南米の太平洋戦争は、チリ海軍にとって史上最大の戦いとなった。この戦争では、制海権が重要な戦略的意義を有し、海軍の役割は重大だった。チリ艦隊は2隻の装甲艦を主力に、イキケの海戦アンガモスの海戦などでペルー艦隊と激しく戦い、最終的にペルー艦隊を全滅させて制海権をチリのものとした。イキケの海戦で戦死したアルトゥーロ・プラット中佐はチリ海軍最大の英雄とされ、イキケ海戦の発生した5月21日は海軍記念日(Día de las Glorias Navales)に指定されてイキケ海戦記念日(イキケ戦勝記念日)と呼ばれている。また、アンガモスの海戦で鹵獲した装甲艦ワスカル」は、記念艦として現在も保存されている。

世界で初めて魚雷攻撃を成功させた駆逐艦「リンチ」。

1891年のチリ内戦では、海軍の大部分は議会派に与し、ホセ・マヌエル・バルマセーダ大統領を自殺へと追い込んだ。なお、内戦中の1891年4月23日に、大統領派の駆逐艦「リンチ(Lynch)」と「コンデル(Condell)」が、議会派のアルミランテ・コクレーン級装甲艦ブランコ・エンカラダ」を雷撃して撃沈したのは、世界初の魚雷による実戦での軍艦撃沈例である[3]

その後、チリが、ブラジル及びアルゼンチンと並んで南米の地域大国となる中、3カ国間では建艦競争が繰り広げられた。チリ海軍は1911年には超弩級戦艦2隻をイギリスに発注したが、第一次世界大戦の勃発でイギリスに購入された。大戦終結後にうち1隻がチリ海軍の手に戻り、「アルミランテ・ラトーレ」として就役した。第二次世界大戦後には、アメリカからブルックリン級軽巡洋艦を購入したりしている。ただし、第一次世界大戦・第二次世界大戦とも、チリは大半を中立国として過ごしたため、20世紀を通じてチリ海軍が本格的な実戦を経験することはなかった。

組織[編集]

海軍本部[編集]

  • 海軍総司令官
  • 海軍参謀総長
    • 監査部
    • 会計監査部
    • 海軍官房
    • 海軍情報局
    • 情報電気通信部
    • 海洋水路部
    • 人事総局
    • 海軍作戦コマンド
    • 財務総局
    • 軍務総局
    • 海事総局
    • 海軍管区
      • 第1海軍管区
      • 第2海軍管区
      • 第3海軍管区
      • 第4海軍管区
チリ海軍特殊部隊。

作戦部隊[編集]

  • 水上艦部隊
  • 潜水艦部隊
  • 海兵隊
  • 海軍航空隊
  • 特殊部隊コマンド
  • 水陸両用戦コマンド
  • 南北ミサイルコマンド

海軍航空隊[編集]

チリ海兵隊の榴弾砲

人員は600名

海兵隊[編集]

人員は3,500名

  • 第1歩兵分遣隊
  • 第2歩兵分遣隊
  • 第3歩兵分遣隊
  • 第4歩兵分遣隊
  • 第51コマンドー群

階級[編集]

日本語 スペイン語 NATO階級符号
士官
海軍大将 Almirante  
海軍中将 Vicealmirante
海軍少将 Contralmirente   
海軍代将 Comodoro   
海軍大佐 Capitán de Navio  
海軍中佐 Capitán de Fragata  
海軍少佐 Capitán de Corbeta  
海軍大尉 Teniente Primero  
海軍中尉 Teniente Segundo
海軍少尉 Subteniente  
海軍士官候補生 Guardiamarina  
准士官および下士官
先任下士官 Suboficial Mayor WO 
上級下士官 Suboficial WO 
1等兵曹 Sargento Primero  
2等兵曹 Sargento Segundo  
1等伍長 Cabo Primero
2等伍長 Cabo Segundo
兵卒
水兵/海兵 Marinero / Soldado

主要基地・施設[編集]

太平洋方面の海軍基地は、北から順に、イキケイースター島バルパライソタルカウアーノプエルトモントである。マゼラン海峡に面したプンタ・アレーナスビーグル海峡に面したプエルト・ウィリアムズにも海軍基地がある。さらに、チリが領有権主張をしている南極グリーンウィッチ島アルトゥーロ・プラット観測基地は、チリ海軍の管理下にある。

装備[編集]

艦艇[編集]

2011年6月現在。『Jane's Fighting Ships 2011-2012』より。

過去に就役した艦艇については「チリ海軍艦艇一覧」を参照。

スコルペヌ型潜水艦「オイギンス」
通常動力型潜水艦
カレッラ(22 Carrera) - 2005年
オイギンス(23 O'Higgins) - 2006年
トムソン(20 Thomson) - 1984年
シンプソン(21 Simpson) - 1984年
フリゲート艦群。左から22型「ウィリアムズ」、23型の1隻、L型「ラトーレ」「カピタン・プラット」
フリゲート
アルミランテ・ブランコ・エンカラダ(15 Almirante Blanco Encalada) - 2006年再就役
アルミランテ・リベロス(18 Almirante Riveros) - 2008年再就役
カピタン・プラット(11 Capitán Prat) - 2006年再就役
アルミランテ・ラトーレ(14 Almirante Latorre) - 2006年再就役
アルミランテ・コクレーン(05 Almirante Cochrane) - 2006年再就役
アルミランテ・コンデル(06 Almirante Condell) - 2008年再就役
リンチ(07 Lynch) - 2007年再就役
アルミランテ・ウィリアムズ(Almirante Williams) - 2003年再就役
ミサイル艇
サール4型ミサイル艇「カズマ」
カズマ(LM30 Casma) - 1979年再就役
チパナ(LM31 Chipana) - 1981年再就役
アンガモス(LM32 Angamos) - 1997年再就役
リケルメ(LM36 Riquelme) - 1997年再就役
オレリャ(LM37 Orella) - 1997年再就役
セラーノ(LM38 Serrano) - 1998年再就役
ウリベ(LM39 Uribe) - 1998年再就役
哨戒艦
  • ピロート・パルド級×2隻(3隻計画中)
ピロート・パルド(PZM81 Piloto Pardo) - 2008年
(PZM82 Comandante Toro) - 2009年
哨戒艇
  • ミカルビ級×6隻
ミカルビ(PSG71 Micalvi) - 1993年
オルティス(PSG72 Ortiz) - 1993年
イザサ(PSG73 Isaza) - 1994年
ビデラ(PMD74 Videla) - 1994年
カブラレス(PSH77 Cabrales) - 1996年
シバリド(PSG78 Sibbald) - 1996年
戦車揚陸艦(LST)
ランカグア(92 Rancagua) - 1983年
チャカブーコ(95 Chacabuco) - 1986年
バルディビア(93 Valdivia) - 1995年再就役
中型揚陸艦(LSM)
  • エリクラ級×2隻
エリクラ(90 Elicura) - 1968年
オロンペロ(94 Orompello) - 1964年
灯台見回り船
  • (BRS63 George Slight Marshall) - 1978年
測量艦
  • 旧・加艦×1隻
(AP46 Conte-Almirante Oscar Viel Toro) - 1995年再就役
海洋観測艦
  • (AGS61 Cabo de Hornos) - 2012年就役予定
練習帆船
エスメラルダ(BE43 Esmeralda) - 1954年
潜水母艦
  • アルミランテ・メリノ(42 Almirante Merino) - 1971年
浮ドック
  • 各型×4隻
(131 Ingeniero Mery) - 1973年再就役
(132 Mutilla) - 1960年再就役
(133 Talcauano) - 1999年再就役
(Marinero Gutierrez) - 1991年
補給艦
アルミランテ・モント(AO52 Almirante Montt) - 2009年再就役
輸送艦
  • アキレス(AP41 Aquiles) - 1988年
港内輸送艇
  • Meteoro級×2隻
(YFB110 Meteoro) - 1968年
(YFB111 Grumete Perez) - 1975年
曳船
  • Veritas級×2隻
(ATF66 Galvarino) - 1974年
(ATF67 Lautaro) - 1973年

航空機[編集]

米軍艦に着艦するシュペール・クーガー

2011年6月現在。『Jane's Fighting Ships 2011-2012』より。

固定翼機
回転翼機

陸戦兵器[編集]

その他[編集]

  • 記念艦
RH ワスカル(Húascar)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Navy’s most valuable asset: its people(2009年7月23日閲覧)。基準時は不明。
  2. ^ 英語版(en)によれば海兵隊5,200人を含めて25,000人。
  3. ^ Hundimiento del blindado "Blanco" en Caldera
  4. ^ 仏「ラ・コンバタントII型」のドイツ海軍仕様。他に2隻
  5. ^ AEW任務用。

参考文献[編集]

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge
  • Jane's Fighting Ships 2011-2012

関連項目[編集]

外部リンク[編集]