ヤコブ・ファン・ヘームスケルク級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤコブ・ファン・ヘームスケルク級フリゲート
Dutch frigate F812 Jacob Van Heemskerck underway during Operation Desert Shield.JPEG
「ヤコブ・ファン・ヘームスケルク(F812)」
1991年撮影
艦級概観
艦種 ミサイルフリゲート
艦名 人名
前級 トロンプ級
次級 デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級 
性能要目
排水量 基準:3,000トン
満載:3,750トン
全長 130.20 m
全幅 14.40 m
喫水 4.23 m
機関 COGOG方式
RM1Cガスタービンエンジン (4,900 hp) 2基
TM3Bガスタービンエンジン (25,800 hp) 2基
可変ピッチ・プロペラ 2軸
速力 最大30 kt
航続距離 4,700海里 (16kt巡航時)
乗員 士官23名+下士官兵174名
+司令部要員20名
兵装 ゴールキーパー 30mmCIWS 1基
70口径20mm単装機銃 2基
Mk.13単装ミサイル発射機
(SM-1MR SAM用)
1基
Mk.29 8連装ミサイル発射機
(シースパロー短SAM用)
1基
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
324mm連装魚雷発射管 2基
C4I SEWACO II戦術情報処理装置
レーダー LW-08 早期警戒用 1基
DA-08 目標捕捉用
SMART-Sに後日換装
1基
ZW-06 対水上捜索用 1基
デッカ1226 航海用
※スカウトに後日換装
1基
STIR-240 射撃指揮用 2基
STIR-180 射撃指揮用 1基
ソナー SQS-509 船底装備式 1基
電子戦 ラムセス電波探知妨害装置
Mk.137 6連装デコイ発射機 2基
AN/SLQ-25 対魚雷デコイ装置

ヤコブ・ファン・ヘームスケルク級フリゲートオランダ語: fregat van de Jacob van Heemskerckklasse, : Jacob van Heemskerck-class frigate)は、オランダ海軍が運用していたミサイルフリゲート。先行するコルテノール級フリゲートをもとに、主砲や航空設備などとバーターでターター・システムを搭載した設計となっており、L級フリゲートLuchtverdedigingsfregat; 防空フリゲート)とも称される[1]。現在ではオランダ海軍からは退役したが、チリ海軍に売却されて運用を継続している[2]

来歴[編集]

1974年度防衛白書で発表されたオランダ海軍の艦隊整備計画では、北大西洋での作戦を想定した任務部隊として、GW級フリゲート(トロンプ級)1隻とS級フリゲート(コルテノール級)6隻で編成された艦隊を2個整備するとともに、イギリス海峡の防衛警備にあたる3個目の艦隊の整備も盛り込まれていた。これはファン・スペイク級フリゲート6隻とともに、標準フリゲートの防空艦嚮導艦仕様1隻を中核とする計画であった[1]

その後、1981年に計画は修正された。コルテノール級は計画通りに12隻が発注されたが、このうち、最終年度(1976年)発注分の2隻は、建造途中でエリ級フリゲートとして設計変更の上でギリシャ海軍に引き渡されることとされた。これを受けて、オランダ海軍は改めて2隻のフリゲートを発注できることになった。上記の艦隊整備計画のほか、東大西洋やイギリス海峡、北海での経空脅威の増大が問題視されていたこともあり、これら2隻はいずれも防空艦・嚮導艦仕様として建造されることとなった。これが本級である[1]

設計[編集]

上記の経緯から、本級の設計は、基本的にコルテノール級のそれを踏襲している。船体と主機関はほぼ同一であり、特に主機関は、トロンプ級以来一貫して用いられてきた、巡航用のロールス・ロイス タインRM1Cと高速用のロールス・ロイス オリンパスTM3Bを組み合わせたCOGOG方式が踏襲された。電源もコルテノール級と同じく、3,000キロワットの出力であった[2]。ただし艦対空ミサイル発射機を搭載するため、後部上部構造物は大きく変更されている[1]

装備[編集]

C4ISR[編集]

嚮導艦として、艦隊司令部を収容できる設備を備えている。戦術情報処理装置はS級と同系統のSEWACO IIとされており、リンク 11による戦術データ・リンクに対応している[1]。また1995年から1996年にかけての改修で、OE-82アンテナを備えたAN/WSC-3衛星通信装置、およびAN/USQ-119 JMCISが搭載された[2]

一方、防空艦としての改設計に伴い、レーダーの構成は変更されており、早期警戒用のLW-08と対水上捜索用のZW-06に加えて、目標捕捉用のDA-08も搭載された[1]。また1995年から1996年にかけての改修で、DA-08は3次元式のSMART-Sに換装されたほか、航海用のデッカ1226も、低被探知性を備えたスカウトに換装された[2]

ソナーはS級の後期型と同じく、SQS-509が搭載された[1][2]

武器システム[編集]

上記の経緯より、本級ではSM-1MR艦隊防空ミサイルの運用能力が付与された。そのためのMk.13単装ミサイル発射機は、コルテノール級で艦載機ハンガーとされていたスペースに設置された。これらの重量増を補うため、主砲は省かれたが、船楼前端部に設置されていたシースパロー個艦防空ミサイル(短SAM)のためのMk.29 8連装ミサイル発射機は残されている[1][2]

ミサイル誘導用の火器管制レーダーとしては、トロンプ級などのターター・システムで標準的に採用されていたAN/SPG-51ではなく、国産のSTIRに所定の改修を加えたSTIR-240が搭載された[1]。また1995年から1996年の改修により、短SAMの射撃指揮に用いていたSTIR-180にもSM-1MRの誘導能力が付与された[2]

対艦兵器はアメリカ製のハープーン艦対艦ミサイル(SSM)、対潜兵器は固定式の324mm連装魚雷発射管(Mk.32 mod.9)およびMk.46 mod.5魚雷と、いずれもS級と同構成である[1]

電子戦[編集]

電子戦装置としては、S級の後期型と同じく、ラムセス電波探知妨害装置が搭載された。これは電子戦支援用のスフィンクス電波探知装置とSRR03/100電波妨害装置から構成されている。またデコイ発射機としては、当初からアメリカ製のMk 36 SRBOCが搭載された[1][2]

同型艦一覧[編集]

当初計画では、2010年および2012年までオランダ海軍で就役している予定であったが、国防予算規模縮小に伴う2002年に決定された予算削減により、早期退役を余儀なくされた。その後、2004年2月2日にチリ海軍による取得が発表され、2006年に引き渡された[2]

 オランダ海軍  チリ海軍
# 艦名 造船所 起工 就役 退役 # 艦名 再就役
F-812 ヤコブ・ファン・ヘームスケルク
HNLMS Jacob van Heemskerck
ロイヤル・
スヘルデ
1981年1月 1986年1月 2004年12月 14 アルミランテ・ラトーレ
CNS Almirante Latorre
2005年12月
F-813 ウィッテ・デ・ウィス
HNLMS Witte de With
1981年12月 1986年9月 2005年5月 11 カピタン・プラット
CNS Capitán Prat
2006年7月

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Robert Gardiner, ed (1996). Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. pp. 269-278. ISBN 978-1557501325. 
  2. ^ a b c d e f g h i Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 96-97. ISBN 978-1591149545. 

関連項目[編集]