コルテノール級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルテノール級フリゲート
HNLMS ABRAHAM CRIJNSSEN (F-816).JPEG
艦級概観
艦種 フリゲート
前級 ファン・スペイク級フリゲート
次級 カレル・ドールマン級フリゲート
性能諸元
排水量 基準:3,050 t
満載:3,630 t
全長 130.5 m
全幅 14.6 m
喫水 4.3m
機関 COGOG方式
RM1Cガスタービンエンジン
(3.7 MW/5,000 hp)
2基
TM3Bガスタービンエンジン
(18.95 MW/25,410 hp)
2基
推進器 2軸
速力 30.0 ノット
航続距離 18ktで4,500海里
定員 176名
兵装 76mm 単装速射砲 1基
ゴールキーパー 30mmCIWS 1基
シースパロー短SAM 8連装発射機 1基
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
Mk 32 連装短魚雷発射管 2基
艦載機 リンクス哨戒ヘリコプター 2機
C4I 海軍戦術情報システム
SEWACO IIリンク 10 / 11
レーダー LW08 対空捜索用 1基
スカウト 対水上捜索・航法用 1基
WM25 砲・短SAM射撃指揮用 1基
STIR-240 砲・短SAM射撃指揮用 1基
ソナー SQS-505 艦首装備 1基

コルテノール級フリゲート (Kortenaer klasse fregatten) は、オランダ海軍が運用していた汎用フリゲートの艦級。121型フリゲートとも呼ばれる。

概要[編集]

本級の開発は、1970年代のNATOの標準フリゲート計画に端を発する。これは、イギリスオランダドイツギリシャの4カ国が共同でフリゲートを開発し、採用することで、調達コストを削減するとともに、相互運用性を向上させるというものであった。このうち、イギリスは運用要求の相違より脱退し、また、ギリシャは経済上の理由から参加を縮小したことから、ドイツとオランダが主体となって計画を進めることとなった。

本級は、この計画によって開発されたフリゲートのオランダ版である。一方のドイツ版がブレーメン級フリゲートであるが、オランダが東大西洋を作戦海域として想定したのに対し、ドイツは北海バルト海を睨んでの開発であったため、搭載兵装や各種の艤装には少なからぬ差異がある。また、本級のうちの2隻は、建造途中でギリシャ向けとして切り替えられ、エリ級フリゲートとなった。これら、同一の基本設計に基づいた一連のフリゲートは、NATOの標準フリゲートを企図した当初の計画から、Standard Frigateと総称される。

本級は、

などといった要素を3000トン級の船体に具備しており、この時代の汎用フリゲートに求められる要件を具現化したものと言える。これらの要素はその他のStandard Frigate、同時期に就役した他の欧州諸国のフリゲート、さらには日本の汎用護衛艦などにも共通したものである。なお、のちに、本級をもとに設計変更し、主砲や航空設備などとバーターでターター・システムを搭載した防空艦として、ヤコブ・ファン・ヘームスケルク級フリゲートが建造された。

本級は、1974年に8隻、1976年には4隻が発注され、建造は1975年より開始された。ただし、1976年発注分の2隻はギリシャ海軍に売却されたため、1978年から1983年までに10隻就役した。その後、1993年より順次退役を開始し、2003年に「ブロイス・ヴァン・トレスロン」 (F824)が退役したことで、完全に退役した。退役艦は全艦が海外に売却され、8隻がギリシャ海軍、2隻がアラブ首長国連邦海軍で再就役している。

同型艦[編集]

 オランダ海軍 退役/再就役後
# 艦名 造船所 起工 進水 就役 退役 再就役先 # 艦名
F807 コルテノール
HNLMS Kortenaer
ロイヤル
スヘルデ
1975年
4月
1976年
12月
1978年
10月
1997年 ギリシャの旗
ギリシャ海軍
F462 コンドゥリオティス
Κουντουριώτης
F808 カレンブルク
HNLMS Callenburgh
1975年
9月
1977年
3月
1979年
7月
1994年 F459 アドリアス
Αδριάς
F809 ヴァン・キンスベルケン
HNLMS Van Kinsbergen
1975年
9月
1977年
4月
1980年
4月
1995年 F461 ナヴァリノン
Ναβαρίνον
F810 バンケルト
HNLMS Banckert
1976年
2月
1978年
9月
1980年
10月
1993年 F460 アイガイオーン
Αιγαίον
F811 ピエト・ハイン
HNLMS Piet Hein
1977年
4月
1978年
6月
1981年
4月
1998年 アラブ首長国連邦の旗
アラブ首長国連邦海軍
F02 アル・エミラート
Al Emirat
F816 アブラハム・クリンセン
HNLMS Abraham Crijnssen
1978年
10月
1981年
5月
1983年
1月
1997年 F01 アブ・ダビ
Abu Dhabi
F823 フィリップス・ヴァン・アルモンド
HNLMS Philips van Almonde
ウィルトン・
フェイエノールト
1977年
10月
1979年
8月
1981年
12月
2002年 ギリシャの旗
ギリシャ海軍
F465 テミストクレス
Θεμιστοκλής
F824 ブロイス・ヴァン・トレスロン
HNLMS Bloys van Treslong
1978年
5月
1980年
11月
1982年
11月
2003年 F466 ニケフォロス・フォカス
Nikiforos Fokas
F825 ヤン・ヴァン・ブラケル
HNLMS Jan van Brakel
ロイヤル
スヘルデ
1979年
11月
1981年
5月
1983年
4月
2001年 F464 カナリス
Κανάρης
F826 ピーテル・フローリス
HNLMS Pieter Florisz
(ex-Willem van der Zaan)
1981年
1月
1982年
5月
1983年
10月
2001年 F463 ブブリナ
Μπουμπουλίνα

準同型艦・関連項目[編集]

ヤコブ・ファン・ヘームスケルク級フリゲート
主砲や航空設備などとバーターでターター・システムを搭載した防空艦。2隻が建造され、1985年より就役を開始したが、2005年に2隻そろってチリ海軍に売却された。Mk 74 GMFCSや3次元レーダーを搭載しないなど、アメリカ製のターター・システムとは異なる構成となっており、また、主砲を搭載しない一方でPDMSは残すなど、特徴的な設計である。
ブレーメン級フリゲート ドイツ海軍
機関がCODOG方式のガスタービンエンジン2基とディーゼルエンジン2基で51,600HP、CIWSがゴールキーパー1基からMk 49 RAM近接防御SAM 21連装発射機 2基、艦橋上のレドームの架台形状、煙突前部にラティス・マストの追加などの相違がある。
エリ級フリゲート ギリシャ海軍
ギリシャ海軍が、オランダ海軍の1976年発注分2隻を建造途中に購入。76mm単装砲が2m延長されたヘリコプター格納庫上に追加されている。CIWSが30mm ゴールキーパー×1基から20mm ファランクス×2基に変更されるなどの相違がある。