WM-20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WM20シリーズ
MK-92 CAS radar system.jpg
Mk.92 FCSのCASレーダー。WM28のアンテナと同型である
種別 射撃指揮装置
開発・運用史
開発国 オランダの旗 オランダ
就役年 1960年代
送信機
周波数 Xバンド
パルス 0.22マイクロ秒/0.45マイクロ秒
パルス繰返数 3,600pps/1,800pps
送信尖頭電力 180-200kW
アンテナ
ビーム幅 捜索用:1.5×7.0度
追尾用:2.4度
走査速度 60rpm

WM20シリーズは、オランダのシグナール(現在のタレス・ネーデルラント)社が開発した艦載用の射撃指揮装置(FCS)

概要[編集]

M22

1950年代、シグナール社は戦後第1世代のFCSとして、ボフォース 152mm砲用のM1、ボフォースMk.1 57mm砲用のM2、ボフォース 40mm機関砲用のM4を開発した。これは、オランダ海軍を始めとして各国で採用されるとともに、改良型としてシーキャット個艦防空ミサイル用のM44、中口径砲用のM45に発展した。このM40シリーズの改良型として、まず1960年代中盤にM20シリーズが開発された。M20シリーズは、基本的にはM40シリーズの技術を踏襲していたが、その追尾レーダーと同じ送信機を使用する目標捜索・捕捉レーダーを導入した。これらは特徴的な型のレドームに収容されており、上側に追尾用アンテナ、下側に捜索・捕捉用アンテナが設置された[1]。また、1964年には、アメリカ海軍のアッシュビル級哨戒艇の一部艇向けとしてフォード社がM22をライセンス生産し、Mk.87 FCSとして制式化された[2]

これをもとに、再プログラム可能なデジタル・コンピュータを採用し、コンバット・システムとして自己完結可能な改良型として開発されたのがWM20シリーズである[1]1970年ノルウェー海軍のストルム級ミサイル艇がWM26を搭載したのを皮切りに、世界各国で採用された[2]

搭載艦艇[編集]

M20
M22
WM22
WM24
対空・対水上用に1つずつチャンネルを持つほか、ASW統制能力ももつ。
WM25
SAM誘導のためCWI能力を有するほか、砲用に2つのチャンネルを持つ。
WM26
レドームを持たない唯一のバージョンであり、対水上射撃能力しか備えていない。
WM27
チャンネル数は、SAM用が1つ、対空砲用が1つ、対水上砲用が1つ、魚雷用が2つ。WM20を除けば、魚雷用のチャンネルを持つ唯一の機種であった。
WM28
チャンネル数は、SAM用が1つ、砲用が2つ。アメリカMk.92としてライセンス生産された。


Mk.92[編集]

STIR

WM28をもとに、スペリー社がライセンス生産したアメリカ版であり、現在ではロッキード・マーティン社により生産されている。

1970年代初頭、オート・メラーラ 76mmコンパット砲用のFCSとして、WM28のライセンス生産版がMk.92 FCSとして制式化され、海軍オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートのほか、アメリカ沿岸警備隊ベア級カッターや近代化改修されたハミルトン級カッターに搭載された。

ただし、ペリー級はミサイルフリゲートであり、砲とともにSM-1MR艦対空ミサイルの射撃指揮も行うことから、同級の搭載モデルにおいては、WM28のレドーム(Combined Antenna System, CASと称されている)とともに、Mk.86 FCSで採用されていたAN/SPG-60に所定の改修を加えたSTIR(Separate Target Illumination Radar)も組み込まれている[2]

Mk.92には、下記のようなバリエーションがある。

Mod0
海軍向けの最初期モデル。
Mod1
沿岸警備隊向けとして、SAM誘導能力とSTIRを省いたモデル。
Mod2
ペリー級ミサイルフリゲート向けのモデル。Mk.107コンソールを有し、対空用チャンネルが2つに増やされている。
Mod5
バドル級コルベット向けのモデル。
Mod6
Mod2にCORT(Coherent Receiver Transmitter)を適用し、低空目標への対処能力などを強化した改良型。
Mod12
Mod6をもとにSM-2MRおよびESSMの運用に対応したモデル。中間指令誘導に対応し、また、VLSにも対応させることができる。

なお、米海軍のペリー級では、コスト低減のため、順次にSM-1MRの運用能力を撤去しているが、これに伴ってMk.92のSTIRも撤去されている。

各モデルのチャンネル数と能力[3]
Mod番号 AAW ASuW SAM誘導能力
0 1 2
1 1
2 2
5 1
6 2
12 2

搭載艦艇[編集]

ペリー級および派生型


参考文献[編集]