ヴォスパー・ソーニクロフト・フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シリーズ最大のMk.10フリゲート(ブラジル海軍「コンスティトゥイサン」)

本項では、イギリスヴォスパー社またはヴォスパー・ソーニクロフト社が開発した輸出用フリゲート/コルベットについて述べる。

概要[編集]

ヴォスパー (Vosper & Companyは、旧イギリス植民地を含む開発途上国への艦船輸出事業に期待して、1960年8月には政府から後援を受けるための交渉に着手していた。設計はヴィッカース社と共同で行われた[1]

Mk.1
175フィート (53 m)級のコルベットで、モジュール化設計により、汎用型と魚雷艇型、練習艦型と哨戒艦型がファミリー化されて提示されていた[1]
Mk.2
Mk.1と同大だが、より精巧な設計となっている。1962年にはガスタービンエンジン搭載型がカナダ海軍に売り込まれたが、成約には至らなかった[1]
Mk.3
より大型の202フィート (62 m)級のコルベット[1]
Mk.5
新規設計のガスタービンエンジン搭載型高速フリゲート[1]
Mk.7
Mk.5と同系列で、やや大型化した設計であった[1]
Mk.9
Mk.3よりわずかに大型化したコルベット[1]
Mk.10
Mk.5, 7と同系列で、更に大型化・装備強化を図った設計であった[1]

また、特にMk.5, 7は、CVA-01級航空母艦の計画中止に伴う汎用フリゲートの検討を進めていたイギリス海軍にも影響を与え、後に同系列の設計による21型フリゲートが建造された[1]

その後、第2世代としてヴィジランス型(Vigilance class)も開発され、オマーン海軍カヒル級コルベットとして採用した[1][2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j Friedman 2012, pp. 196-217.
  2. ^ Gardiner 1996, pp. 296-298.

参考文献[編集]

関連項目[編集]