ジョルジュ・レイグ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・レイグ級駆逐艦 (F-70型)
FS Montcalm 1.jpg
3番艦 モンカルム (D 642)
艦級概観
艦種 駆逐艦 (Frégate)
艦名 18~19世紀フランスの人物
前級 トゥールヴィル級駆逐艦
準同型艦 カサール級駆逐艦
次級 アキテーヌ級駆逐艦
性能諸元
排水量 基準:3,880 t(前期)/4,100 t(後期)
満載:4,830 t(前期)/4,910 t(後期)
全長 139.00 m
全幅 15.00 m
吃水 5.6 m (プロペラまで5.96 m)
機関 CODOG方式
SEMT ピルスティク16PA6 V280ディーゼルエンジン
(5,200 bhp)
2基
TM3Bガスタービンエンジン (26,000 shp) 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 30 kt(ガスタービン使用)
21 kt(ディーゼル使用)
航続距離 1,000海里 (30kt巡航時)
10,000海里 (15kt巡航・ディーゼル使用時)
電源 発電機 (出力850 kW) 4基
乗員 298名
兵装 Mle.68 100mm単装速射砲 1基
F2 20mm単装機銃 2基
クロタル短SAM 8連装発射機 1基
MM40 SSM 4連装発射機 2基
533mm魚雷発射管
(L5フランス語版 魚雷用)
2基
艦載機 リンクス哨戒ヘリコプター 2機
C4I 海軍戦術情報システム
(SENIT-4リンク 11/14)
レーダー DRBV-26 対空捜索用 1基
DRBV-51/15 対空対水上用 1基
DRBC-32/33 射撃指揮用 1基
DRBN-32 航海用 2基
ソナー DUBV-23/24 艦首装備式 1基
DUBV-43 可変深度式 1基
電子戦
対抗手段
ARBR-16/17 電波探知装置
ARBB-36/32 電波妨害装置
DAGAIE Mk.2デコイ発射機 2基
AN/SLQ-25対魚雷曳航デコイ

ジョルジュ・レイグ級駆逐艦 (フランス語: La frégate anti-sous-marine Georges Leygues) はフランス海軍駆逐艦の艦級[1]

計画艦型番号は、当初はコルベット(Corvette)と称されていたことからC-70ASWとされていたが、後にフリゲート(Frégate)に変更されたことからF-70ASWとなった[2]。なお北大西洋条約機構(NATO)によるペナント・ナンバーでは、一貫して駆逐艦を意味する「D」の艦種記号を付されている。

来歴[編集]

フランス海軍が1940年代末から1950年代にかけて建造した第二次世界大戦後第1世代の駆逐艦は、艦隊護衛艦(Escorteurs d'escadre)と称される対空・対水上兵装主体の艦であった。その後、第二次大戦後の潜水艦脅威の深刻化を受けて、まず1956年度計画で、艦隊護衛艦をもとに対潜戦を重視して装備を変更した「ラ・ガリソニエール」(T-56型)が建造された[2]

その後、T-56型の実績も踏まえて対潜戦重視の大型護衛艦(コルベット)の建造が計画され、まず1965年度計画で「アコニト」(C-65型)が建造されたのち、1967年度計画より、これを発展させたトゥールヴィル級(C-67型)が建造された[2]

これに続く1972年のブルー計画(15ヶ年計画)で、艦隊護衛艦(T-47型およびT-53型)の更新用として、共通の船体設計に基づく対潜型コルベット18隻と対空型コルベット6隻の整備が計画された。しかし財政上の制約から、対潜型が1971年度から1983年度にかけて計7隻、防空型が1978年度・1979年度に1隻ずつの計2隻が建造されるのみに留まった。このうち、対潜型として建造されたのが本級である。なおターター・システムを搭載した防空型として建造されたのがカサール級であった[2]。

設計[編集]

大量建造を想定して、C-67型よりも小型化が図られた[2]。船型は船首楼型とされており、抗堪性向上のため、NBC防護にも配慮したシタデル構造が導入されている。居住区は女性の乗艦にも配慮されており、また「ド・グラース」と同様に居住性向上に意が払われた結果、初期設計と比して艦全長にして5メートル、排水量にして150トンの大型化となった[3]。後期建造艦(5〜7番艦)では航海艦橋が1甲板分高くなっており、外見上の識別点となっている。堪航性向上のため、デニー・ブラウン社製で翼面積21.5 m²のフィンスタビライザーが装備されている。なお艦齢半ばにも関わらず船体に亀裂が見つかったことから、2002年から2003年にかけて船体の強化工事が行われた。これにより、120トンに及ぶ鋼板が取り付けられ、これによる重心上昇を補うために210トンの固定バラストが搭載された[1]

本級では、イギリス海軍オランダ海軍の影響を受けてガスタービン主機関が導入されている。当初は両国と同じロールス・ロイス タインオリンパスによるCOGOG機関の導入が検討されたが、タインでは十分な巡航速度が確保できないと判断されたことから、SEMT ピルスティク16PA6 V280ディーゼルエンジンを巡航機とするCODOG方式に変更された[4]。ガスタービンエンジンを用いた場合、停止状態から3分で最大戦速を発揮できる。またディーゼルエンジンを用いて、かつDUBV-43可変深度ソナーを吊下していた場合の速力は最大で19ノットとなる[1]

機関区画は4室に区分されているが、両舷の機関を並べて配置するパラレル配置とされており、艦首側から、補機室、タービン室、ディーゼル室、減速機室と並んでいる。また機関制御は集中制御方式とされており、省力化に益している。機関科は士官3名、下士官23名、水兵24名とされている[1]

装備[編集]

C4ISR[編集]

戦闘システムの中核となる戦術情報処理装置としては、SENIT-4が搭載された。また衛星通信装置としてシラキューズIIおよび商用のインマルサットが搭載されているほか、2〜4番艦では、OPSMER/SEAO指揮支援システムが後日装備されている[1]

センサー面では、当初はおおむねC-67型が踏襲されていたが、後期建造艦では下表の通りに更新された[1][4]。またデコイ発射機も、当初はサイレクスが搭載されていたが、4番艦以降ではDAGAIEに変更され[3]、後に1〜3番艦にもバックフィットされた[1]

前期建造艦
(1〜4番艦)
後期建造艦
(5〜7番艦)
レーダー 対空捜索用 DRBV-26
目標捕捉用 DRBV-51C DRBV-15
ソナー 艦首装備式 DUBV-23B DUBV-24C
可変深度式 DUBV-43B DUBV-43C
(DSBV-61曳航アレイ
追加可能)
電子戦 電子戦支援 ARBR-16
(DR-2000S)
ARBR-17
(DR-4000)
電子攻撃 ARBB-36A ARBB-32B

更に、前期建造艦を対象として、1990年代後半より対艦ミサイル防御(ASMD)能力向上を目的としたOP3A(Opération d'Amélionration de l'Autodéfense Anti-missiles)改修が行われた。これにより、SENIT-4とインターフェースを取ったうえでSENIT-8.01情報処理装置が搭載されるとともに、目標捕捉および射撃指揮のため、DIBC-2A光学方位盤(SAGEM VIGY-105のフランス海軍仕様)も設置された[1]

武器システム[編集]

主砲としてはMle.68 CADAM 100mm単装速射砲を艦首甲板に搭載し、艦橋構造物上にDRBC-32E砲射撃指揮装置を設置した。個艦防空ミサイル・システムとしてはクロタルを採用し、火器管制レーダーと一体化した8連装発射機を後部上部構造物上に設置した。ミサイルは、発射機に装填された8発のほか予備弾18発を搭載した。後期建造艦では改良型のクロタルEDIRに更新している。また前期建造艦では、上記のOP3A改修の際に近接防空用としてミストラルのSIMBAD連装発射機とマウザーMK 30 30mm機関砲の無人砲塔(20mm機関砲 F2と換装)が搭載された[1]

対艦兵器としては、1・2番艦ではエグゾセMM38の連装発射筒を両舷に搭載していたが、3番艦以降ではエグゾセMM40の4連装発射筒に変更され[4]、2番艦でも同様に後日換装している[1]

対潜兵器としてはL5フランス語版魚雷のためのKD-59E 533mm魚雷発射管を備えていたが、5〜7番艦では、MU90用のB515 3連装短魚雷発射管に後日換装している[1]

艦載機・艇[編集]

後部上部構造物の後端部は、長さ13.5メートル×幅11.4メートル×高さ4.3メートルのハンガーとされており、リンクス哨戒ヘリコプター2機を収容できる。その後方の艦尾甲板は長さ21メートル×幅12.20メートルのヘリコプター甲板とされており、SPHEX(Systéme Pousseur pour Hélicoptére Embarqué EXpérimental)コンパクトII型着艦支援装置を備えている。これはグリッド着艦拘束装置と機体移送軌条2条によって構成されている[1]

艦載艇として、左舷にアーカー670内火艇を、右舷に9メートル型のVD9内火艇を搭載しているほか、海上治安活動などに用いるため、ゾディアック社製の複合艇2隻も搭載している[1]

同型艦[編集]

# 艦名 起工 進水 就役
D640 ジョルジュ・レイグ
Georges Leygues
1974年9月 1976年12月 1979年12月
D641 デュプレクス
Dupleix
1975年10月 1978年12月 1981年6月
D642 モンカルム
Montcalm
1975年12月 1980年5月 1982年5月
D643 ジャン・ド・ヴィエンヌ
Jean de Vienne
1979年10月 1981年11月 1984年5月
D644 プリモゲ
Primauguet
1981年11月 1984年3月 1986年11月
D645 ラ・モット=ピケ
La Motte-Picquet
1982年2月 1985年2月 1988年2月
D646 ラトゥーシュ=トレヴィル
Latouche-Tréville
1985年5月 1988年3月 1990年7月

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 203-204. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ a b c d e 阿部安雄「大戦後のフランス/イタリア駆逐艦建造史 (特集・戦後の駆逐艦)」、『世界の艦船』第587号、海人社、2001年10月、 96-97頁、 NAID 40002156169
  3. ^ a b Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. pp. 151-152. ISBN 978-0870212505. 
  4. ^ a b c Robert Gardiner, ed (1996). Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. pp. 114-115. ISBN 978-1557501325. 

外部リンク[編集]