デュランス級補給艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デュランス級補給艦
French replenishment oiler Meuse (A607) in the Arabian Sea in April 2015.JPG
A607 ムーズ
基本情報
種別 補給艦pétroliers ravitailleurs
命名基準 フランスの河川
運用者  フランス海軍
就役期間 1976年 -
要目
排水量 基準: 7,600 t
満載: 17,800 t
全長 157.20 m
全幅 21.20 m
吃水 10.8 m
機関 SEMT ピルスティク16PC2-5 V400
 ディーゼルエンジン×2基
スクリュープロペラ×2軸
出力 20,760 bhp
電力 5,500 kW
速力 20ノット
航続距離 9,000海里 (15kt巡航時)
乗員 士官10名+海曹62名+海士91名
兵装 60口径40mm単装機銃×1基
70口径20mm単装機銃×2基
シンバド近SAM連装発射機×3基
搭載機 SA.316/リンクスヘリコプター×1機
レーダー ・DRBN-34A 航法用×2基
電子戦
対抗手段
・DR-2000電波探知装置
・テレゴン短波方向探知機
AN/SLQ-25対魚雷デコイ
テンプレートを表示

デュランス級補給艦フランス語: pétroliers ravitailleurs type Durance)は、フランス海軍が運用する補給艦の艦級。

またオーストラリア海軍向けの発展型としてサクセスサウジアラビア海軍向けの小型化版としてボライダ級が建造された。

概要[編集]

補給ステーションとしては、両舷にドライカーゴ/液体貨物兼用のものを2ヶ所ずつ設定している。

搭載量は、下記の通り、各艦で若干の差異がある[1][2]

艦名 貨油 ディーゼル油 航空燃料 真水 糧食 弾薬 予備部品
デュランス 7,500 t 1,500 t 500 t 130 t 170 t 150 t 50 t
ムーズ 5,090 t 4,014 t 1,140 t 250 t 180 t 122 t 45 t
ヴァール, マルヌ 3,310 t 1,090 t 260 t 170 t 180 t 15 t
ソンム 9,250 t n/a 250 t 190 t n/a 45 t
サクセス 8,770 t 975 t 116 t 183 t 250 t 95 t
ボライダ級 4,350 t 350 t 140 t 100 t 100 t 70 t

同型艦[編集]

同型・準同型艦一覧
運用国 # 艦名 起工 進水 就役 備考
フランスの旗 フランス A629 デュランス
Durance
1973年
12月10日
1975年
9月11日
1976年
12月1日
1999年にアルゼンチン海軍に売却、
パタゴニア」として再就役。
A607 ムーズ
Meuse
1977年
6月2日
1978年
12月2日
1980年
11月21日
A608 ヴァール
Var
1979年
5月8日
1981年
6月1日
1983年
1月29日
A630 マルヌ
Marne
1982年
8月4日
1985年
2月2日
1987年
1月16日
A631 ソンム
Somme
1985年
5月3日
1987年
10月3日
1990年
3月7日
オーストラリアの旗 オーストラリア AOR 304 サクセス
HMAS Success
1980年
8月9日
1984年
3月3日
1986年
4月23日
サウジアラビアの旗 サウジアラビア 902 ボライダ
HMS Boraida
1982年
4月
1984年
2月
904 ユンボウ
HMS Yunbou
1983年
10月
1985年
8月

参考文献[編集]

  1. ^ Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. p. 171. ISBN 978-0870212505. 
  2. ^ Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 14,27,217,650. ISBN 978-1591149545. 

関連項目[編集]

同時期の諸外国海軍の補給艦

関連項目[編集]