ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦
FS Redoutable.jpg
艦級概観
艦種 弾道ミサイル原子力潜水艦
就役開始 1971年12月1日
退役完了 2003年
次級 ランフレクシブル
性能諸元
排水量 水上排水量 8,080t
水中排水量 8,920t
全長 128.7m
全幅 10.6m
吃水 10m
機関 加圧水型原子炉/原子力ターボ・エレクトリック方式 1軸 11,760kW
(予備)発電用ディーゼルエンジン2基 1,500kW
速力 水中:25ノット、水上:20ノット
潜行深度 250m以上
行動日数 65日
乗員 135人
兵装 533mm魚雷発射管 4門
L5またはF17魚雷 18発
エグゾセSSM
M4潜水艦発射弾道ミサイル 16発
レーダー DRUA33航海レーダー
ソナー DSUX21アクティブ/パッシブソナー
DUUX5パッシブソナー
DSUV 61B曳航ソナー
その他 ARUR13 レーダー感知装置

ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦 (Les Sous-marin nucléaire lanceur d'engins Classe Le Redoutable) は、フランス海軍の戦略ミサイル原子力潜水艦(仏 sous-marin nucléaires lanceurs d'engins, SNLE、英 SSBN)。5隻が建造され、2003年のランドンターブルの退役を持って全て退役した。

概要[編集]

フランス独自の核兵器の戦力化の一環として、計画・建造された[1]。フランスとして最初のSNLEであり、建造当初はM1[2]もしくはM2/M20潜水艦発射弾道ミサイルを搭載していたが、ル・ルドゥタブルを除く各艦は大規模な改修工事を受け、大型化した新型ミサイルであるM4/M45に対応した。

潜水艦発射弾道ミサイルの垂直ミサイル発射筒は、司令塔の後方、艦の中央部に2列で並び、計16基が装備されている[2]。また、艦首には、自衛用の魚雷発射管4門がある[2]。原子炉/タービン/モーターは、ミサイル格納部の後方、艦尾近くにある。また、ターボ・エレクトリック方式の機関であり、交流発電機を用い、整流器を経て、直流モーターからスクリューを駆動させている[2]

同型艦[編集]

準同型艦[編集]

ランフレクシブルは、ル・ルドゥタブル級を改良した艦[1]であり、単独の級として扱われる場合もある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「フランス海軍の戦後戦略とその潜水艦部隊」,日野景一,世界の艦船,1992年9月号 P98-101,海人社
  2. ^ a b c d 「フランス潜水艦のテクノロジー」,寺田明,世界の艦船,1992年9月号 P75-93,海人社

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦に関するカテゴリがあります。