ル・トリオンファン級原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ル・トリオンファン級原子力潜水艦
ル・テメレール
艦級概観
艦種 弾道ミサイル原子力潜水艦
就役開始 1997年
退役完了
前級 ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦
ランフレクシブル級原子力潜水艦
性能諸元
排水量 水上排水量 12,640t
水中排水量 14,335t
全長 138m
全幅 12.5m
吃水 12.5m
機関 加圧水型原子炉×1基/原子力ターボ・エレクトリック方式
ポンプジェット 1軸
41,500馬力
(予備)発電用ディーゼルエンジン2基 1,500kW
速力 水中:25ノット
船体構造 単殻式
行動日数
乗員 111人
武装 533mm魚雷発射管 4門
L5魚雷
エグゾセSSM
M45M51(2010年以降)潜水艦発射弾道ミサイル 16基
レーダー 航海レーダー
ソナー DSUV 61B 曳航パッシブソナー
DMUX 80 艦首パッシブソナー
DUUX 5 舷側ソナー
その他 攻撃/探索潜望鏡

ル・トリオンファン級原子力潜水艦(ル・トリオンファンきゅうげんしりょくせんすいかん Le Triomphant class submarineLes sous-marins du type Le Triomphant)はフランス海軍が現在保有する戦略ミサイル原子力潜水艦

概要[編集]

ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦及びランフレクシブル級原子力潜水艦の後継艦である。1980年代の計画策定当初には6隻が計画されたが[1]、うち二隻の建造は中止された。司令塔の後方、艦の中央部に2列で潜水艦発射弾道ミサイルの垂直発射筒16基を装備している。

一番艦ル・トリオンファンは1989年に着工し、2010年までに全艦が就役した。フランスでの略称にはSNLE-NG(sous-marin nucléaires lanceurs d'engins de nouvelle génération - Nouvelle Génération 次世代ミサイル原子力潜水艦)も用いられる。

現在、本艦級が装備している潜水艦発射弾道ミサイルM45でランフレクシブル級と同様であるが、2010年よりM51への換装が開始されている。

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「フランス海軍の戦後戦略とその潜水艦部隊」,日野景一,世界の艦船,1992年9月号 P98-101,海人社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ル・トリオンファン級原子力潜水艦に関するカテゴリがあります。