SA 316 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SA 316 アルエットIII

フランス海軍のアルエット III

フランス海軍のアルエット III

SA 316およびその改良型であるSA 319、通称アルエットIIIAlouette III、Alouetteとは、フランス語ヒバリの意)は、フランス製の単発エンジン軽汎用ヘリコプターである。

製造は、フランスのシュド・アビアシオンが行っていたが、ルーマニアインドオランダスイスでもライセンス生産され、2,000機以上が製造されており、現在でもインドでは製造が続けられている。

開発[編集]

前作SE.3130の拡大発展型として開発され、試作初号機は1959年2月28日に初飛行。翌年6月にはモンブラン山頂の上4,810mまで飛行する記録を残した。

機体は、キャビンが拡大されて7人乗りとなり、胴体とテイルブームは外皮張りとなった。また、エンジンのパワーアップに伴いメインローターの直径が拡大されている。降着装置も3車輪式に変更された。

アルジェリア戦争において高速かつ十分に武装できるヘリコプターを欲していたフランス軍は、すぐさま本機に興味を示し各種有線誘導ミサイル機関銃などさまざまな武装を搭載して試験を実施、結果、要求を満たしていたため軍用ヘリコプターとして正式採用されることとなった。

運用[編集]

アルエット IIIは、冷戦中の各種戦争紛争において対地攻撃・輸送偵察・救急などで広く用いられており、実戦経験が多い機体である。

フランス軍では、1960年当時のアルジェリア戦争に投入され、SS.10SS.11などの対戦車ミサイルを装備してアルジェリア独立派ゲリラの攻撃に従事した[1]

その後も印パ戦争ローデシア紛争ポルトガル植民地であるアンゴラモザンビークギニアビサウ独立戦争南アフリカのアンゴラ侵攻など、1980年代まで世界各地の紛争で運用された。

また、海軍でも艦載機としてレーダーディッピングソナー磁気探知機などの捜索用センサー類と短魚雷を装備しての対潜哨戒や、AS.12有線誘導ミサイルを利用しての対艦攻撃・捜索救難に運用され、警察消防などの公共機関や民間企業でも広く使用された。

派生型[編集]

SA 316A
初期生産型。元々の形式番号はSE.3160
SA 316B
エンジンチュルボメカ アルトウステ IIIB ターボシャフトエンジン(出力425kW)に換装し、メインローターとテールローターを強化した性能向上型。インドルーマニアライセンス生産された。
IAR 316
SA 316Bのルーマニアモデル。IARにて、1971年-1987年までに230機生産された。
東側規格の57mm ロケット弾ポッドや対戦車ミサイルの装備が可能。
HAL Chetak
SA 316Bのインドモデル。HAL(ヒンドスタン航空機)にてライセンス生産されており、現在でも生産を継続している。
SA 319B
SA 316Bを改良した型で、エンジンをチュルボメカ アスタゾウ XIV(出力649kWを、447kWへ減格使用)に換装した機体。スイスでライセンス生産された。
SA 316C
エンジンをチュルボメカ アルトウステ IIIDに換装した型。少数のみ製造。
G-Car
ローデシア空軍における、アルエット III汎用型の呼称。機体側面に1丁のFN MAG(後には2丁の.30口径ブローニング機関銃)をドアガンとして装備。
20mm機関砲搭載型のアルエット III(機関砲の砲身は外されている)
K-Car
ローデシア空軍における、アルエット III ガンシップ仕様の呼称。機体のキャビン内部から左側面に突き出す形で1門の20mm機関砲を装備しており、乗員はパイロット(前部左座席)と機関砲操作要員(後部の左向きの座席)・指揮官(後方に向いた前部右座席)の3名。
K-Carと同様に機体に20mm機関砲を搭載した機体はポルトガル南アフリカでも運用されており、搭載機関砲はMG151/20の他にはイスパノ Mk.Vや南アフリカ国産のGA-1[2]が使用される。

試作機[編集]

IAR 317 スカイフォックス
ルーマニアIAR 316をベースに設計した攻撃ヘリコプター。3機が試作されたのみで、量産化には至らず。
XH-1 アルファ
南アフリカのアトラス社がSA 316をベースに試作した攻撃ヘリコプター。AH-2 ローイファルク開発のための研究機として、1機のみ製造。

運用国[編集]

軍用[編集]

アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦アブダビ
アルバニアの旗 アルバニア
SA 319を運用。
アンゴラの旗 アンゴラ
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
SA 316を運用。
オーストリアの旗 オーストリア
SA 316, SA 319を運用。
オーストラリアの旗 オーストラリア
オーストラリア空軍1964年-1967年に3機(A5:165-167)を運用。
バングラデシュの旗 バングラデシュ
ベルギーの旗 ベルギー
ベルギー空軍救難用にSA 319を運用。
ビアフラ共和国の旗 ビアフラ共和国
ビアフラ軍が数機を運用。
ボリビアの旗 ボリビア
ブルキナファソの旗 ブルキナファソ
ビルマの旗 ビルマ
ブルンジの旗 ブルンジ
SA 316を運用。
中華人民共和国の旗 中国
カメルーンの旗 カメルーン
SA 319を運用。
チャドの旗 チャド
SA 316を運用。
チリの旗 チリ
SA 316を運用。
コンゴ共和国の旗 コンゴ共和国
SA 316を運用。
コートジボワールの旗 コートジボワール
デンマークの旗 デンマーク
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
エクアドルの旗 エクアドル
SA 316を運用。
エルサルバドルの旗 エルサルバドル
赤道ギニアの旗 赤道ギニア
エチオピアの旗 エチオピア
SA 316を運用。
フランスの旗 フランス
SA 316, SA 319を運用。
ガボンの旗 ガボン
ガーナの旗 ガーナ
SA 316を運用。
ギリシャの旗 ギリシャ
ギリシャ海軍がSA 319を運用。
ギニアの旗 ギニア
ギニアビサウの旗 ギニアビサウ
SA 316を運用。
香港の旗 香港政庁
王立香港空軍警備や救難に運用。
インドの旗 インド
ヒンドスタン航空機HAL チャタク(Chetak)の名でSA 319をライセンス生産
インドネシアの旗 インドネシア
SA 316を運用。
イラクの旗 イラク
SA 316を運用。
イランの旗 イラン
アイルランドの旗 アイルランド
SA 316を運用。
イスラエルの旗 イスラエル
ヨルダンの旗 ヨルダン
SA 316を運用。
ラオスの旗 ラオス
レバノンの旗 レバノン
SA 316を12機運用。
リビアの旗 リビア
SA 316を運用。
マダガスカルの旗 マダガスカル
マラウイの旗 マラウイ
マレーシアの旗 マレーシア
SA 316を運用。
マルタの旗 マルタ
SA 316を運用。
メキシコの旗 メキシコ
SA 319を運用。
モロッコの旗 モロッコ
モザンビークの旗 モザンビーク
ネパールの旗 ネパール
オランダの旗 オランダ
ニカラグアの旗 ニカラグア
パキスタンの旗 パキスタン
パキスタン海軍がSA 316, SA 319を運用。
ペルーの旗 ペルー
SA 319を運用。
ポルトガルの旗 ポルトガル
ポルトガル空軍がSA 319を18機運用しているが、2011年までに引退予定。
ローデシア共和国の旗 ローデシア
ローデシア空軍が運用。
ルーマニアの旗 ルーマニア
IAR 316を運用。
ルワンダの旗 ルワンダ
SA 316を運用。
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
セーシェルの旗 セーシェル
ヒンドスタン製。
シンガポールの旗 シンガポール
シンガポール空軍が運用。
スリランカの旗 スリランカ
SA 316を運用。
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
SA 316を運用。
南アフリカ空軍が運用。
韓国の旗 韓国
韓国海軍がSA 319Bを運用。
南ベトナムの旗 ベトナム共和国
スペインの旗 スペイン
スリナムの旗 スリナム
SA 316を運用。
スイスの旗 スイス
SA 316を運用。
チュニジアの旗 チュニジア
SA 316を運用。
ベネズエラの旗 ベネズエラ
SA 316を運用。
ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア
SFR ユーゴスラビア空軍の特殊ヘリコプター第一飛行隊でAFとADが2機のSA 316を運用。
ザイールの旗 ザイール
SA 316を運用。
ザンビアの旗 ザンビア
ジンバブエの旗 ジンバブエ
SA 316を運用。
スイスの旗 スイス
スイス空軍がSA 316を運用。
アフリカで救急輸送に使用されるポルトガルのSA 319
スイス空軍のSA 316
名古屋市消防局で使用され、保存されているSA 316B「なごや」
ギリシャ海軍のSA 319
機種の黒い部分がレドーム


民間[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
救難ヘリとして運用。
日本の旗 日本
地方公共団体消防組織が消防ヘリとして運用したが、いずれも既に退役。
ロシアの旗 ロシア
ソビエト連邦時代にヒンドスタン製を少数購入(用途不明)。

性能・主要諸元(SA-316B)[編集]

AEROSPATIALE ALOUETTE III.png
アルエット IIIのチュルボメカ製ターボシャフトエンジン
  • 乗員:2名
  • 乗客:5名(標準型)
  • 全長:10.03m
  • 主回転翼直径:11.02m
  • 全高:3.09m
  • 円板面積:
  • 空虚重量:1.108t
  • 吊下可能重量:2.1t
  • 最大離陸重量:2.2t
  • 発動機:チュルボメカ アルトウステ IIIB ターボシャフトエンジン(425kw)×1基
  • 超過禁止速度:210km/h=M0.17
  • 巡航速度:
  • 航続距離:540km
  • 巡航高度:
  • 上昇率:4.5m/sec

保存[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://worldatwar.net/chandelle/v3/v3n1/frcoin.html
  2. ^ http://www.saairforce.co.za/the-airforce/weapons/42/ga-1-20mm-cannon

外部リンク[編集]