パタゴニア (補給艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
US Navy 070504-N-8861F-015 The Argentine supply ship ARA Patagonia (B 1) participates in exercises alongside dock landing ship USS Pearl Harbor (LSD 52) to mark the beginning of UNITAS.jpg
艦歴
発注
起工 1973年12月12日
進水 1975年9月6日
就役 1976年12月1日(デュランスとして)
2000年7月9日(パタゴニアとして)
退役
その後
除籍
性能諸元
排水量 満載:17.800t
全長 157.2m
全幅 21.2m
吃水 10.8m
機関 ディーゼル2基
速力 19ノット
航続距離 9.000海里
乗員 160人
武装 40mm機関砲 2門
12.7mm機関銃 4基
ミストラルSAM 2基

パタゴニア(ARA Patagonia, B-1)は、アルゼンチン海軍補給艦である。

概要[編集]

元はフランス海軍の所属で、デュランス級補給艦のネームシップデュランス(Durance, A629)であった。1999年にアルゼンチンに売却されたものである。

1984年に退役したプンタ・メダノス (B-18)スペイン語版の後継艦として導入された。

関連項目[編集]