フランスの100mm艦砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mle.68 100mm単装砲
100mm turret on the La Motte-Picquet
リュートナン・ド・ヴェソ・ラヴァレ」のMle.68-II
種類 艦砲
原開発国 フランスの旗 フランス
運用史
関連戦争・紛争 湾岸戦争
開発史
開発者 Tonnelé
開発期間 1953年 — 1961年
製造業者 クルーゾー・ロワール
GIAT
製造期間 1961年 — 現在
派生型 modèle 53
modèle 64
modèle 68
modèle 100 TR
諸元
重量 22 トン

口径 100 mm
砲身 55口径長
仰角 29°/s
旋回角 40°/s
発射速度 78 発/分
初速 870 m/s
有効射程 最大射程: 17,000 m (仰角40°)
  • 対空射程: 6,000 m
  • 対水上射程: 12,000 m

本項では、フランスの100ミリ艦砲について解説する。

Mle.53/64[編集]

第二次世界大戦直後のフランス海軍は、アメリカ製のMk 12 5インチ砲による5インチ連装砲システムと、スウェーデン製のMle.51 57ミリ連装砲システムを使用していた。しかし、これらの艦砲の多くは更新を必要としており、また、補給上も口径の統一が望ましかった。このことからフランス海軍は、単一の両用砲システムによってこの両者を同時に代替することを計画しはじめた。当初は、ドイツ海軍が備蓄していた弾薬を流用できることから105ミリ口径が検討されたものの、まもなく100ミリ口径に変更された。

この決定に基づいて1953年より開発が開始され、最初のモデルであるModèle 53が開発された。1958年よりル・コルス級フリゲート英語版の一隻である「ブレスト」(F762)において、また1961年より「ヴィクトル・シュルシェール」(F725)において実艦での運用試験が開始された。

Mle.53は、フランスが初めて開発した自動砲であったが、初弾については手動で装填する必要があった。初弾を発砲したのち、次弾以降は反動利用によって自動で装填され、60発/分の発射速度を発揮することができた。Mle.53はアナログ式の射撃指揮装置と連接されていたが、射撃指揮装置を改良するとともに発射速度を向上(78発/分)させたModèle 64も開発・配備された。

Mle.68[編集]

Mle 53/64をもとに、完全自動砲として開発されたのがModèle 68である。Mle.68の給弾機構は35発の即応弾と甲板下の弾庫を有し、弾庫には弾薬手が配置されているが、砲塔内は無人となっている。ただし、必要に応じて2名の砲員による砲側射撃も可能である。当初はアナログ式の射撃指揮装置と連接されていたが、1970年より配備されたModèle 68-IIではデジタル化された。

また、Mle.1968-IIは継続的な改良を受けており、CADAM(Cadence Améliorée: improved rate of fire)改修においては発射速度を78発/分に向上させた。さらにラファイエット級フリゲートに搭載されたMle.100TRにおいては、信頼性を向上させるとともに、ステルス性に配慮した新設計の砲塔を採用している。

コンパクト砲[編集]

1977年、クルーゾー・ロワール(Creusot-Loire)社は、新しく軽量の100ミリ砲の開発に着手した。これは90発/分の発射速度を有する一方で、砲塔全重量は17トンに抑えられていた。試作砲は1981年に試験に入り、量産型はコンパクト砲として1983年より生産に入った。

本砲は優れた性能を有するものの、フランス海軍はMle.68シリーズの性能に満足していることから、最終的に採用されなかった。

輸出市場においても、既に優れた中口径砲であるイタリア製のオート・メラーラ 76 mm 砲および127 mm 砲、アメリカ製のMk 45 5インチ砲に席巻されていたことから成約は伸び悩んでいたものの、マレーシアサウジアラビアにおいて採用された。また、1980年代後半より中国海軍が採用しはじめており、713研究所による山寨版である87式55口径100mm単装砲(H/PJ-87)は、1990年代後半以降に建造された全ての駆逐艦に搭載されている。

搭載艦艇[編集]

 フランス海軍

 アルゼンチン海軍

 ウルグアイ海軍

 中国人民解放軍海軍

 ドイツ海軍

 トルコ海軍

 ブラジル海軍

 ブルガリア海軍

 ベルギー海軍

 ポルトガル海軍

 マレーシア海軍


参考文献[編集]